2015年8月6日木曜日

『デアデビル』日本のネットフリックスで配信決定(*^○^*)

ひとつ前の「Best TV shows on Netflix - Action/Mystery」という記事に「書いてたら長くなったので別記事にする」と書いた『デアデビル』、なんとなんと、日本のネットフリックスで配信されることが決定したというニュースを読みました!

映像配信世界最大手「Netflix」9・2日本でのサービス開始(Yahoo!ニュース)

ヤフーのニュース記事はいずれ読めなくなると思うので肝心なところだけ抜粋:
「日本でのサービス開始と同時に、マーベルの本格アクションドラマ『デアデビル』をはじめとするNetflixオリジナル作品も多数ラインナップ。」


さっそく日本語字幕つきの予告編もYouTubeで発見!

楽しみですね〜〜〜。

って、私は日本在住じゃないので関係なさそうな話ですが、一時帰国の際に楽しめるかな〜、というのと、

「今後、邦画や日本のテレビドラマも拡充される予定だ。」

の一文が魅力!!!邦画も観られるなんて、素敵じゃないですか〜〜〜。



と、前置きが長くなりましたが、かんじんのデアデビルについて。


DaredevilデアデビルNetflix(←マーベルの公式サイト)2015-


原作コミックのファンでもなんでもないのに、よほどヒマだったのか、2003年の同名映画(ウィキのページはこちら)はなぜか映画館まで見に行ったけど、ジェニファー・ガーナーがかわいいと思った以外は全く記憶にない私(笑)。

夫の影響でアメコミ関連の映画やドラマにハマった今でも「デアデビル」にはあまり魅力を感じず少し腰が引けてましたが、見ようと思ったきっかけは主演のキャスティングです。

大好きな『スターダスト』のチャーリー・コックスがデアデビル(本名マット・マードック)を演じると聞いたら、観るっきゃない!(*´▽`*)

(どうでもいいけど、なぜにイギリス人を主演にすえるんでしょうねぇ(^-^;)

8年前の映画なので、まだ初々しいチャーリーが見られる『スターダスト』予告編↓

今まで気づかなかったコメディアンのリッキー・ジャーヴェイス発見!(笑) また見たくなった!


なお、彼は最近オスカーをにぎわせた『博士と彼女のセオリー』にも(イギリス人として)出演してます(*^-^*) アメブロの感想記事はこちら↓
The Theory of Everything

『ダウントン・アビー』の第1話にもイヤなヤツの役で出てます:
『ダウントン・アビー』シーズン1・登場人物まとめ(アメブロ記事)


というわけで、チャーリー・コックス見たさに観始めた『デアデビル』ですが、前評判どおり、とってもよくできてておもしろい!

ただ、ネットワーク系ドラマのような制約がないせいか、暴力描写がドぎつい印象はぬぐえません。もうちょい暴力要素を薄めてくれたらもっと好きなんだけどなぁ。


ほかの主なキャスト:


フォギー・ネルソン(マットの相棒)
→エルデン・ヘンソン(『マイ・フレンド・メモリー』『バタフライ・エフェクト』)
*彼については以前アメブロに記事を書いてます→ Intelligence - 俳優編

カレン・ペイジ(マットとフォギーの事務所で働く助手)
→デボラ・アン・ウォール(『トゥルー・ブラッド』のジェシカ)

ウィルソン・フィスク(悪役だけど完全なワルではなさそう?)
→ヴィンセント・ドノフリオ

クレア・テンプル(マットを助けて面倒に巻き込まれる女性)
→映画女優のロザリオ・ドーソン


Posted on Wed. August 5, 2015




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。