2015年8月29日土曜日

アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第11話のネタバレ感想メモ

第10話の感想メモに「もういっそ(シーズン3で)終わってほしい」と書いたほどイライラするアンダー・ザ・ドーム。

ゆうべ放映された11話もなんだか「???」な展開で、これどれだけ原作に沿ってるんだろうと疑問に思わずにおれません。

これが原作のままなんだとしたら、スティーブン・キングってこんなグダグダなストーリーを作る人なんだ…ってちょっとガッカリかも(って読んだことはないんだけど)。


画像はすべてFacebookより

なんてブツブツ言いながらも先が気になって見ちゃうんですけどね!(笑)


※以下、シーズン3・第11話「Love Is a Battlefield」のネタバレ全開です。ご注意※






いつまでもチェスターミルの人たちが洗脳されたままなのがだんだんイライラしてきます。

今回、ヘクター(先週登場したアクティオンのオーナー?)がビッグ・ジムの息子ジュニアに治療を試し、一瞬ジュニアが我に返ったかのようなシーンがあるんですが、やっぱりそんな簡単にはいかず。



なんだかなあ…そこで治ってたら治ってたで、「えらい簡単に治っちゃったな」という話になるんだろうけど、とにかく「キンシップ」が不気味なので、早くみんな元に戻ってほしいんです!

特にサム〜〜〜(ToT)


ヘクターの提案


ヘクターはリリーの父親が生きていることを隠してたんですが、今回あっさり本人にバレました。ドームを出るつもりのなかったヘクターも、「治療法が見つかったらみんなを治療してここから出ましょう」とリリーに説得されてしぶしぶ承知。

しかし、ジュニアで試した治療法に効き目がなかったので「こうなったら感染した人間はノーリー、ハンターなど今は症状が出ていない者も含めてすべて殺さなければ」なんて恐ろしげな相談をビッグ・ジムとしてました。

ビッグ・ジムは今回、息子が元に戻ったと思ったのがぬか喜びに終わってショックを受けたのか、かなりしおらしくなってヘクターの提案にもうなずいちゃってますけど、彼にジュニアが殺せるんだろうか…?

まあ絶対、「全員殺害」なんてことにはならないと思うけどね!


バービーとエイバの赤ちゃん


「娘をほうっておけない」と、エイバをモーテルの一室に拉致してジュリアといっしょに赤ちゃんを取り上げるバービー。

てか、ジュリアがおなかを押してますけど…そんなんでいいの?!(´▽`;) とググっちゃいました。わりとふつうにあるみたいですねΣ(゚∇゚*)!! 



生まれた赤ちゃんにエイバが授乳するとエイバも赤ちゃんも青く光り出し、赤ちゃんを取り上げようとするバービーをエイバが超人的な力で放り投げてしまいます。

ジュリアは「あんなのあなたの赤ちゃんじゃないわよ」と強く言ってバービーを連れ逃げますが、そこにやってきたクリスティーンは「もうあなたはキンシップの仲間じゃない」と言ってエイバを殺してしまうんです。

どうやら授乳によって、エイバの中にいたエイリアンのエネルギー?が赤ちゃんに移り、エイバはただの人間に戻ったので用なしになった、ということらしい(ひどい)。


そういうわけで、あれだけジュリアを悩ませた恋敵はいなくなりましたが、あの赤ちゃんはどうなるんでしょう。「私はもうすぐ役目を終えて死ぬ」と言ってたクリスティーンが赤ちゃんに最後の力を与えて燃え尽きるのかしら。


第三者の存在?


クリスティーンと言えば、ジョーに気になることをもらしてました。エイリアンたちの惑星(?)を滅ぼした「やつら」が地球にもやって来る、と言うんです。だからドームから出ることには地球人とエイリアン両方のサバイバルがかかっているんだと。

それが本当だとしたら、ドームから出られたとしてもまた新たな展開になりそうですね。

てか「やつら」の侵略を防げたとしても、そのあとエイリアンが地球人を乗っ取りそうなので、どっちがマシなのかわかりません(´▽`;)

アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第12話のネタバレ感想メモに続く。

Posted on Friday, August 28, 2015




<関連記事>
アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第5話のネタバレ動画と感想
アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第7話、またまたビックリ展開
アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第8・9話のネタバレ感想メモ
アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第10話のネタバレ感想メモ
アンダー・ザ・ドーム シーズン3・第12話のネタバレ感想メモ
アンダー・ザ・ドーム シーズン3最終回(第13話)ネタバレ感想メモ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。