2015年11月2日月曜日

『殺人を無罪にする方法』シーズン2第6話ネタバレ感想メモ

シーズン2・第1話2話3話4話5話からの続き。

How to Get Away With Murder 

S2E6 "Two Birds, One Millstone"

2015年10月29日放送(アメリカ)

Facebook cover photo


エピソードタイトルになっている「Two Birds, One Millstone」というのは、「(kill) two birds (with) one stone(=一石二鳥)」をもじっています。一石二鳥ならぬ、1人のMillstoneで2羽の鳥を殺すというわけです。(Millstoneというのはアッシャーの苗字)



以下、ネタバレしまくってますのでご注意。


※細かいあらすじは抜きで、気になるポイントだけメモ。
※ただし、うろ覚えで間違ってる部分もあるかも。見直す時間なくて1回見ただけで書いてます(´▽`;)




アッシャーの過去の事件にビックリ


前回、アナリーズがアッシャーに幼いボニーが父親に性的虐待を受けるビデオを見せてましたが、今回、そのビデオがきっかけでアッシャーはボニーに不利な証言をすることを思いとどまります。

その仕返し?なのか、シンクレアがボニーにもらした「アッシャーが取り引きに応じた理由」がビックリ!!!なんと「集団レイプ」…Σ(゚∇゚*)!!  

今のアッシャーはそんなひどいことするヤツには見えないけど、本人も「かなり悪いことをした」という自覚が十分にあるようだし、本当なんでしょうね。てかそれだったらキッチリ罰を受けるべき(-_-;


アナリースの取り引き


同僚である大学教授が殺人事件を起こし、友人の無罪を信じるアナリースは、状況的にそれを証明するのが難しいと悟り、検事と取り引き。結果、アッシャーの父親(裁判官)の過去の不祥事が裁判にかけられることになり、「私たちはもう終わりだ」と息子に言うミルストーン氏。

息子(アッシャー)を自分たちの味方につけておいて、父親をバッサリ切ってしまうとは…。アナリースのしわざだと知ったらアッシャー警察に飛び込むんじゃないのかと思うけど(-_-;


アナリース&シンクレア殺害(未遂?)事件その後


アッシャーの「供述したい」発言のあとが知りたかったのに、ボニーとアッシャーのシーンは今回ナシ。その代わり今まで出てこなかったフランク登場。

病院に運ばれたアナリースにすがり「彼女を死なせないでくれ!!!」と叫んでその場を離れますが、何か証拠になるようなもの?をアナリースの身の回りから取るため?の演技じゃないかと思う。

その証拠に、病院を出たあとはふつうの顔になって(鼻歌でも歌い出しそうな軽やかさで)歩いて行きましたからね。

そのあと森へ向かうフランクの車の中には、なんとキャスリン・ハップストール(養親殺害事件の容疑者でありアナリースのクライエント)の死体(に見える)が…。

森で死体を捨てた(ように見える)フランクでしたが、翌日、警官が見つけると同時にキャスリンは目を覚まし、「ここはどこ?!」といったふうにがばっと起き上がります。

なんかキツネにつままれた気分になったところで今回は終わり。





今回、アナリースがまたしてもウソをついてたり(「レベッカは逃げた」とウェスに言い張ったり)純粋に見えたアッシャーが集団暴行してたり、なんかいやになってきました(´▽`;)

もちろん続きが気になるから観るけど(^-^;

シーズン2第7話に続く

Posted on Sunday, November 1, 2015
(あとちょっとでウォーキング・デッドが始まります!)

<関連記事>
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第5話ネタバレ感想メモ
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第4話ネタバレ感想メモ
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第3話ネタバレ感想
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第2話・またまた衝撃のエンディング
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第1話・2人めの殺人犯と衝撃のエンディング
『殺人を無罪にする方法』シーズン1最終回ネタバレ・ライラ殺しの真犯人
アルフレッド・イーノック

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。