2016年7月2日土曜日

"Wayward Pines" シーズン2第6話ネタバレ感想

シーズン2第5話の続き。

Wayward Pines

S2E6 "City Upon a Hill"

Air date: June 29, 2016

画像はFacebookより

ラストでうなってしまった今回、それを言うと最初からネタバレになってしまうので、さっそく…



以下、ネタバレありの感想です。

※一回観ただけで書いてるので勘違いや間違いや見逃しもあるかも
※細かいあらすじはなし




ラストのネタバレ


いきなりですが、今回やっぱりいちばん印象に残ったことなのでラストのネタバレから。

アビーに襲われたテレサ、な、なんと、死んじゃったっぽい…。

ええええ∑( ̄□ ̄;)

シーズン1のメインキャラ一掃ですかΣ(゚∇゚*)!!

と、好きなキャラってわけでもなかったのにショックでした。


テレサが襲われたシーン↑


こうなると、彼ら(ベン、テレサ、パム、ケイト)いったいなんのためにS2に出てきたのか…

死ぬため?(´▽`;)

なんて思えてきて、なんとも言えない脱力感に襲われてしまいました。

こうなると、残るキャラの中で動向が気になるのは

  • 愛するテレサを失って茫然自失のアダム・ハスラー
  • 「子どもを作ろう」と言われても素直に喜ばないケリー

くらいで、あとは正直どうでもいいキャラばかりかなあ…
(S2のヒーローのはず?のシオもいまいち目立った活躍がないし)

アビーの秘密のカギを握っていそうなアダムも、案外あっという間に死んじゃったりして。


アビーの正体


「キャラ」とは言えないけど、アビーの正体が今回いちばん気になりました。

冒頭のフラッシュバックで、アビーたちを上空のヘリから銃撃して殺していくシーンがあったんですが、ヘリから降り立つピルチャーがアビーよりも残酷な虐殺者に思えました。

なんせ、それまでのアビーたちは素っ裸で平気なこと、いかつい顔つきをしてることを抜かせば、猿のように体をなでたりして平和な家族(群れ?)の姿そのもの。女性も子ども(!)もいたし。

そこに空から銃弾が降ってきて愛する(?)者たちを殺されてしまえば、アビー側が人間に対して好戦的になっても仕方ないのでは?(´▽`;)

そうなる前にアビーたちが攻撃してたのかもしれないし、襲撃以前の事情は映らなかったので、どうしてそこに至ったのかは謎ですが、無抵抗のアビーが無差別に殺されてかわいそうになった映像でした。





さて、今回、Mrs.フィッシャーとシオのアビー研究で「脳の言語中枢が人間より発達してるらしい」ことがわかった女性アビー。

その女性の脳だけが発達してるのか、アビー全体にも言えることなのかわからないけど、こうなってくると4話の「彼らは私たちのリプレイスメントだ」というアダムの発言が「人間にとって代わる(より進歩した)種」なんだという意味なのではと思えてきました。

とりあえず、単なるケダモノなんかでは決してないことが証明されましたね。

シオは「彼ら、お互いにコミュニケーションが図れるのでは、と疑い、アダムに確認しますが、「女性アビーが山の研究施設にいる」ことを知ったアダムは質問に答えず「すぐに解放するんだ!」と怯えたように叫びます。

つまり彼はアビーの正体(特に女性アビー)を知ってるってこと?

そうならなんでもっと早く、はっきり言わないんだろう、来週そこらへんクリアになることを期待します!


ほかに気になること


「ハーベスト」

頼りにしていた作物がアビーに焼き払われてしまい、このままだとあと6週間で食糧が尽きてしまうと言うことですが…

「柵の内側には何も育たないのはなぜなんだ」とジェイソン苦悩してましたけど、たくさん生えまくってる雑草やらうっそうと茂る木やらは別ってこと?

草木は生えても農作物が実らないってことでしょうか?

そこが今シーズンめちゃ気になってます(^^;


「ペアリング」

ジェイソンに赤ちゃん作ろうと言われても嬉しくなさそうなケリーですが、そもそも彼女、ルーシーよりうんと年上なのに今まで「ペアリング」されなかったのかな?

ジェイソンが相手だからということで特別に例の白い部屋行きを逃れ、好きな時に子づくりすればいいという特別な措置があるのかも?

たいしたことではないけどふと気になりました。


シーズン2第7話に続く。

『ウェイワード・パインズ』関連記事のもくじ:
 "Wayward Pines" 関連記事もくじ

posted on Friday, July 1, 2016
(ど〜でもいいけど本日は「カナダデー」という祝日です!)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。