2016年7月28日木曜日

『ベイツ・モーテル』シーズン1第5話までのキャスト

ひとつ前の記事(BATES MOTEL(ベイツ・モーテル)シーズン1第5話まで一気見<ネタバレなし>)に感想はあとで書くと書きましたが、まずは感想の前に出演者について。



※以下、ところどころうっすらネタバレの可能性アリ




このドラマを(5話まで)見ていて気になったこと…

  • ノーマが2人の息子の母親としては若すぎ(ディランが老けすぎ?)たり、ザックがノーマの相手としては少し若すぎる気がするけど、役者さんたちの実年齢は?

  • 同じような時期の別のドラマで見た人がたくさん出てくるけど、かけもちなのかな?制作時期かぶってるのかな?

どうでもいいようなことだけど、特に年齢については気になっちゃったので、調べてみました。

以下、気になるキャストについて列記。

------------------------------
役名
俳優さんの名前
  1. 生年月日(日は書いてない)・カッコ内はシーズン1プレミア放映当時(2013年3月)の年齢
  2. 出身地
  3. 私のひとこと
  4. ベイツ・モーテル以外で見かけた出演作(邦題はウィキから)
------------------------------


ノーマ・ベイツ

Vera Farmiga ヴェラ・ファーミガ 
  1. 1973年8月(39才)
  2. アメリカ・ニュージャージー州生まれ(両親はウクライナからの移民)
  3. 初めて彼女を見たのはジョージ・クルーニーと共演した2009年の映画『マイレージ、マイライフ(原題 "Up in the Air")』。キレイな人だな〜と見入ってしまったのを覚えてます。



  4. "Source Code(ミッション: 8ミニッツ)," "Higher Ground(ハイヤー・グラウンド)"

ノーマン・ベイツ

Freddie Highmore フレディ・ハイモア 
  1. 1992年2月(21才)
  2. イギリス・ロンドン生まれ
  3. 『チャーリーとチョコレート工場』が公開された2005年当時、13才だったのね。もっと幼く見えたけど。(てか今チャーリー〜の予告編見てたらアナソフィア・ロブが出てた!えええ〜!もう一度この映画見直したい!)



  4. 『ネバーランド』(2004)『奇跡のシンフォニー』(2007)

ディラン

Max Thieriot マックス・シエリオット 
  1. 1988年10月(24才)
  2. アメリカ・カリフォルニア州生まれ
  3. フレディと4才しか違わないなんてΣ(゚∇゚*)!! ある意味衝撃!

エマ

Olivia Cooke オリビア・クック 
  1. 1993年12月(19才)
  2. イギリス
  3. くりくりした大きな目ですごくかわいい(*´▽`*)


ブラッドリー

Nicola Peltz ニコラ・ペルツ 
  1. 1995年1月(18才)
  2. アメリカ・ニューヨーク生まれ

ザック

Mike Vogel マイク・ヴォーゲル 
  1. 1979年7月(33才)
  2. アメリカ・ペンシルベニア州生まれ
  3. 私にとっては『アンダー・ザ・ドーム』のバービー!(*^○^*)
  4. 『アンダー〜』は2013年夏からの放映なので、かけもちだったのか、それともベイツ・モーテルはシーズン1だけの出演なのか、まだ5話しか見てないので謎。
    ↓ネタバレ↓
    実はこの記事書いた日の晩に8話まで観てしまい、やっぱシーズン1だけの出演だったことが判明(苦笑)

ワトソン先生

Keegan Connor Tracy キーガン・コナー・トレイシー
  • カナダ・オンタリオ州生まれ
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム』のブルー・フェアリー役でおなじみの彼女、ほかにも "The Magicians" や『スーパーナチュラル』『サイク』などバンクーバー撮影のドラマに数多く顔を出してます。

リチャード

Richard Harmon リチャード・ハーモン 
  1. 1991年8月生まれ(21才)
  2. カナダ・オンタリオ州生まれ
  3. 私にとっては『The 100(ハンドレッド)』のマーフィー!The 100は2014年から放映が続いているので、かけもちなのかな?ベイツ・モーテルでの彼はワキ役(今のところ)だし。印象的な悪人顏(失礼)なので、端役でもすぐわかる!

ロメロ保安官

Néstor Gastón Carbonell ネスター・カーボネル
  • アメリカ・ニューヨーク生まれ
  • 『ロスト』のリチャード役だった彼、2014〜15年の『State of Affairs』にも出演してるのでかけもちですかね。どちらもワキ役っぽいですが…『ワンス・アポン・ア・タイム』のフックみたいなガイライナー顔で特徴あるので端役でもすぐわかります(*^○^*)

イーサン

Terry Chen テリー・チェン
  • カナダ・エドモントン生まれ
  • 彼も『The 100』に出てました。ちなみにこれもバンクーバーで撮影されてます。

中国人女性

Diana Bang ダイアナ・バング 
  1. 1981年(32才)
  2. カナダ・バンクーバー生まれ
  3. このドラマでは中国人の役で、英語がたどたどしいけど、実際はカナダ生まれの韓国系カナダ人です。どうでもいい情報だけど我が義弟の高校の同級生だそうな。
  4. "The Interview(ザ・インタビュー)"

ダイアナ・バング↑のインタビュー映像(映画では韓国なまりがキツい彼女、インタビューではなまりナシ)


シーズン1の5話までで気になるキャストがこれだけ出てきたので、今後もザクザク出てくるかと思いますが…あと、まずは5話までの感想を書くつもりでしたが、1シーズンにつき10話しかないので、このまま観続けてシーズン1の感想をまとめて書こうと思います。



<関連記事>
BATES MOTEL(ベイツ・モーテル)シーズン1第5話まで一気見<ネタバレなし>
『ベイツ・モーテル』シーズン1第6話以降のキャストと感想
『ベイツ・モーテル』シーズン2のネタバレ感想(長文)
サイコ(Psycho)とうとう観た(ネタバレなし)(映画ブログ)
『ベイツ・モーテル』シーズン3感想(長文)
『ベイツ・モーテル』シーズン4 ネタバレ感想その1(長文)
『ベイツ・モーテル』シーズン4感想その2*ネタバレ注意*

Posted on Wednesday, July 27, 2016
© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。