2016年7月25日月曜日

Greatest Hits '90-'95

ずいぶん遅れましたが、シールの "Kiss From a Rose" を楽しみに観た1990〜1995年のグレイテスト・ヒットの感想です(予約録画しそびれててアプリで観ました(^-^;)。

この時代の洋楽をほとんど聴いてなかったので、あまり思い入れはなかったのですが…ふたをあけてみたら、やっぱり興味を持てる曲が少なかった(´▽`;)

※以下、abc のYouTubeチャンネルに上げられていたものを貼り付けてますが、いずれ削除されてしまうと思います…


シールはとてもよかった。



私はこの歌、ヒット当時は知らず、友だちがカラオケでよく歌っていたのを聴いて知りました(笑)。その後、アンジェラ・アキがカバーしてるのを聴きましたが、シール本人の歌声を聴いたのはずいぶんあとになってからでした。

ほかに私の好きな歌としてはU2の「One」が取り上げられましたが、U2ではなく知らない女性歌手がカバーしてたのがちょっと残念。




掘り出し物?だったのが、アンドラ・デイという女性歌手の「Rise Up」という歌が聴けたこと。


ボニー・レイットもアンドラも声質が似てるのか、とても美しいハーモニー。

この曲、ボニーの歌なのかアンドラの歌なのか実はわからなかった(´▽`;) けど、アンドラの曲でした。つまり'90年代の曲ではないんだけど、90年代の曲を今風にアレンジしたんだよと言われても納得してしまいそうな、クラシックな雰囲気が…。

とってもいい曲で、大好きになりました(*´▽`*)





さて、今週は2000−2005年のヒット曲、来週は総集編と、あと2回で終わり。というときになって、ようやっと公式な曲目リストを発見しました(笑)↓
http://www.disneyabcpress.com/abc/shows/greatest-hits/episodes/greatest-hits-2000-2005/
(パット・モナハンとケニー・ロギンスがタッグを組むことも正式みたいですよ〜、takさん!)

2000年代って、これまたほとんど洋楽聴いてなかったので、あんまり楽しみはないっちゃないんですが、それにしてもこのリストを見ると、半分はオリジナルアーティストではなくカバーみたい。

現役で活躍してる人たちは(ギャラの都合?)呼べなかったんですかね…(^-^;

しかし、来週の2時間スペシャルではセリーヌ・ディオンが登場するみたいで大変楽しみです!(*^○^*)


前回までの放映についての感想はこちら↓
Greatest Hits '80-'85(第1回)
Greatest Hits 1995-2000(第2回)
Greatest Hits '85-'90(第3回)


Posted on Monday, July 25, 2016
© copyright 2016 – All rights reserved
北米発☆TVづくし

2 件のコメント:

  1. ブログUPお疲れ様です!

    シールのキスフロム~よかったですね^^

    アンジェラアキがカバーしてるのは初耳でした。アンジェラ版もいいですね~。この曲ジャックブラックもカバーしてますがジャック版はクソ面白いです。

    あと、アンドラのRise Up!いい曲ですね!かっこいい!

    しかもボニーがまたいい!女版スティーブン・タイラー?もっと言うとなんかX-MENにいそうなキャラですね。

    そして2000-2005の回のパットとケニーのタッグ!もう動画サイトに上がっちゃってますねw
    お互いの持ち歌をシンクロさせるという素晴らしいパフォーマンスでした。
    こういうアイデアいいですね~^^

    返信削除
    返信
    1. takさん、コメントありがとうございます^^
      シールはイースターの特番で野外の壮大なミュージカルにも出てて、すごくかっこよかったです。He aged well. いい感じに年取りましたね。

      アンジェラは古い曲を自分なりにカバーするのが昔から大好きみたいです(*´▽`*)

      ボニーがXメンにいそうなキャラって(≧∇≦)ブハハハ!
      ほ、ほんとだ!!!
      Xメンと言えばようやく最新作を見ました!感想書かなきゃ(もう忘れかけてきた)

      2000−2005年の回、実は大統領選関係の番組が長引いたせいで3分の2ほどほかの番組が食い込んでて(予約録画したものを見る女です私)見る気なくして、まだ見てないんです(´▽`;)
      見たらまた感想書きます〜。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。