2017年7月16日日曜日

ゲームオブスローンズ見直し中(S1E7-10)

ゲームオブスローンズ見直し中(S1E4まで)
ゲームオブスローンズ見直し中(S1E5&6)※追記ありの続き。

7話からシーズン最終話の10話まで、一気見しました。

ここにはシーズン1全体の感想もまじえて、おもに7話から10話を見直した感想をサクッと書きます。


改めて見直すと、こんなに展開が早かったっけとちょっとびっくり。

以下、ネタバレしてますのでご注意。
シーズン1以降のネタバレもうっす〜らアリ。
細かいあらすじはないです。





シーズン1ですでにジェイミー・ラニスターがキャットたちに捕まってたんだっけ、とか、あれ、もうドロゴ死んじゃった、とか、なんだかいろいろお話の順序を忘れてます(´▽`;)

ところで、デナーリスは政略結婚させられたドロゴを愛してしまったのかと今まで思ってたけど、見直してみてふとよぎった考え。

「確かにドロゴ自身を愛する気持ちもあるだろうけど、もしや王座を奪回するための手段としてドロゴが必要だったからこんなに必死だったのかな?」と。

ドロゴ亡きあとのデナーリスの男前ぶりを知っている今だからこそ、そんな疑念がわいてしまうわけですが。

そもそも、デナーリスがあそこまで王座に執着してなければドロゴをせっついて船を買うお金を捻出するために町を襲って略奪に走らなくてもよかったわけだし…。それがきっかけで最終的にドロゴは死んでしまったわけだから、デナーリスに出会わなければドロゴはまだ元気に走り回ってたかもね?!(´▽`;)


あと、ネッドが殺された経緯も忘れていたので、ジョフリーにハメられたくだりに歯ぎしりしたくなる悔しさを感じました(;_;)

「わたしは反逆の罪を犯した。ジョフリーが真の王だ」なんて真っ赤なウソの告白、してもしなくても殺すつもりだったんだろうね、あの子は。

ネッドを殺したあとのジョフリー、いよいよ本性を現し、さっそく残虐性まるだしになってるし(→o←)

ひとつ前の記事で「ジョフリーはサンサとうまくやっていこうと思ってたのかな?」なんて書いてましたが、いまやあのスウィートな瞬間はなんだったんだろう、まぼろし?とさえ思えて来ます。






どうでもいいけど(今さらながら)主要キャラがあっけなくつぎつぎ死んで行くドラマですよね。

シーズン1で亡くなったメインキャラ

  • ヴィセーリス・ターガリアン(6話)
  • ロバート・バラシオン(7話)
  • シリオ(8話)
  • ネッド・スターク(9話)
  • カール・ドロゴ(10話)

この中でホントに悔しかったのはネッドとシリオの死ですが、シリオは死ぬところを見せたわけではないので、ひょっとしてひょっとしたら…どこかで生き残ってる可能性、1%くらいあるかな?!(´▽`;)

ヴィセーリスは最初はとんでもなくいけすかない、イヤな男だという印象しかなかったけど、最期は悲惨すぎてちょっとかわいそうになりました。

イヤなヤツだけど、あんなむごい死に方させなくてもよかったのに…と。


さて、もう明日(7/16)からシーズン7が始まっちゃうけど、今日一日でちょっとはシーズン2見直せるかな〜?
 ↓
7/16 追記。結局2話だけ見直して、感想書きました:
ゲームオブスローンズ見直し中(S2E1&2)

Posted on Saturday, July 15, 2017

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。