2016年6月3日金曜日

Netflixオリジナルドラマ『火花』第一話を観てみた(ネタバレなし)

『火花(英語タイトルは "HIBANA - Spark -")』の配信開始をNetflix Japanのツイートで知って即、第一話を観てみました。

こちらでもちゃんと日本語音声で聴ける(英語の吹き替えオプションなし)のが嬉しい!

てか、日本語だからと油断して字幕をつけずに一話ぜんぶ観切ってしまったけど、ふと確認したら「日本語字幕」のオプションもあったのね!Σ(゚∇゚*)!!

じつはパソコンで観てボリュームが小さめだったせいか、それとも耳慣れない大阪弁(?)のせいか、何言ってるのか不明な部分がけっこうあったので、今後は日本語字幕つけて(^-^;観たいと思います。




しかし、セリフが聞き取れなかったせいもあるかもしれないけど、正直な感想を言いますと、

(以下、ネタバレというほどのネタバレはないけど一切情報を入れたくない人はご注意)



ちょっと眠かったかも…(´▽`;)
ペースがちょっと独自というか…欧米ドラマのペースに慣れすぎてしまったせいかしら。

おもしろい部分ももちろんあります。

若手の売れない芸人コンビが漫才のネタ作りや練習をする場面は笑える。

けど、「破天荒な先輩芸人」(←ネットフリックスジャパンのツイートにある言葉)にどうして主人公がひかれたのか、そこがよくわからなかった。


大売れに売れたらしい小説が原作のドラマだし、いずれおもしろくなるのかな?


ところでツイートをよく見たら「全世界同時配信」なのね。日本の6月3日(金)深夜0時、つまりここ北米西海岸では2日(木)朝8時に配信開始になったわけです。

こんなに配信したてのほやほやのドラマを観られるなんて、ネットフリックス様々ですわ〜。

ネットフリックスの日本でのサービスが開始されたことを受けて、どこでも観られる日本のドラマや映画が増えたのかもしれないなぁ。時間のあるときに調べてみたい。


<追記>
しまった、そもそもどうしてこのドラマに興奮したのか(観ようと思ったのか)書き忘れた!(苦笑)

「始まりは熱海」の一言ですよ〜〜〜!

てか熱海でお話が展開するのかと思ったらそういうわけじゃなかったけど、それでも見慣れた場所が出てきて興奮しました(笑)。

と言っても熱海出身なわけではありませんが、2回、家族で旅行したことがあって。


4年前の熱海旅行の写真↑に映ってる謎のアーチ?もしっかりドラマに出てた!

花火大会は行ったことないけど、このドラマ観たら夫が「花火見に行こう!」と言い出しそう(笑)。


Posted on Thu. June 2, 2016




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。