2016年6月20日月曜日

Game of Thrones S6 Ep.9 ネタバレ感想メモ

シーズン6第8話からの続き

(画像はFacebookより)

ううう〜ん…。

今晩のエピソードは…

戦争映画みたいでした(´▽`;)

いろいろ決着がつくので夫はかなり満足の様子だったし、IMDbの現時点の評価もなんと10点満点だから、一般的には高評価みたい。

私は暴力が多いからという理由だけではなく、何もかもが「予想できてしまう」ような、都合よくできすぎていてなんだかしっくりこなかったんだなあ。

つまらなかったってことは全然ないですけどね!

全体的に「いったいどうやって撮影したんだろう」と驚嘆するほどCG?もすごかったし、規模の大きさが映画のようだったし。


予告編↓





※以下、ネタバレ満載です(細かいあらすじはなし)




まず、ハウンドやアーヤやブロンやブリエンの話が一切ナシだったのが物足りなかったかなあ。

てか、ブリエンはいったいどこに???ブラックフィッシュの助けを請いに行ったきり、まだ戻ってないってことかしら?

すごい戦力になるし、サンサを守る役目のはずなのに、帰りを待たずに戦争を始めてしまったのね(そしてたったの一話で終わってしまった)。


デナーリスとシオン&ヤーラ


デナーリスに助けを求めに行ったヤーラ&シオン姉弟(えらい早い到着だったな)はぶじ協定を結ぶことに成功。このときのヤーラとデナーリスのやり取りが今回いちばんおもしろかったかも。

また、ドラゴンが3頭そろって飛ぶさまはスッとしました。シーズン5の9話のときよりずいぶんCGが向上してリアルだったし。


悲しい死


メリーンでもウィンターフェルでも戦争(1話の中で二つも…)があり、たくさんの人が死んだけど、わりと重要なキャラは不思議と?だれも死にませんでした。ダヴォスおじいちゃんさえも生き延びてホッ。(あれ、あの小さな女の子はいなかったような?)

ずる賢いラムジーの戦略で兵に四方を取り囲まれ、もうダメかと思ったジョンスノウやトームンドも死ななかったのはよかったけど、巨人のウンウン(Wun Wun)とリコンが死んでしまったのは悲しかった…(;_;)

ウンウンが矢を全身に受けるさまを見て「火の鳥」を思い出したのは私だけでしょうか。


待ち望んでいた(?)死


そして最後にラムジーが、皮肉にも自分の愛犬たちに食い殺されてしまったのは…うーん…気持ち悪くて直視できませなんだ…(ー_ー;

ラムジーがとうとう死んだのはいいんだけど、なんかちょっとあっけなくも感じたかなぁ。


彼の死を悲しむ人はいったい何人いるのだろう(^^;


ものすごくラムジー側に有利な戦況だったのに、リトルフィンガー率いる軍勢が現れてとたんに形勢逆転。城に逃げ帰ったものの、あっけなく封鎖を破られて(ウンウンの活躍による)その日のうちに殺されちゃうなんて…。

てかラムジーたちは馬に乗って逃げたのに、城に着いたとたん徒歩で追いかけてきたウンウンたちがやって来るって、どんだけ遅い馬だよ(´▽`;)

それと、「7日もエサをやってないって自分が言ってたじゃない」とラムジーにサンサが言うシーンがあるんだけど、そのセリフをラムジーが言ったとき、サンサはもうその場にいなかったよね?(^^;

そんな細かいこと突っ込まなくてもいいかもしれないけど、ちょっと気になってしまった(笑)。

そして犬に食いつかれて叫ぶラムジーをあとに去るサンサが薄く笑みを浮かべたのがちょっぴり不気味でした(^^; サンサずいぶん強くなったなあ。

そうそう、ウンウンを殺されて激高したジョンがラムジーをボコボコにするんですが、ふとサンサを見て手を止めるんです。てっきり「妹が見てる前だから」と気を使ってやめたのかと思ったら、ドラマが終わったあとの解説?で「自分ではなく妹が終わらせる(=殺す)べきだ」と気づいてやめた」んだということがわかってビックリ。

そうか、ジョンはサンサにトドメを刺させてあげたんだなあ…。

シオンにもやらせてあげたかったような気もするけど、彼はサンサほど罪がないわけじゃないからいいか。






ダヴォスとメリサンドル


いくさ前夜は眠れないダヴォスがお散歩中、プリンセスにあげた木彫りの馬(よく焼けなかったな)を見つけてしまうのが切なかった…(;_;)

メリサンドルが何かしたんだ、と直感で知ったのか、にらみつけてましたけど、彼女が大切な姫を火あぶりの刑にしたことを知ったらダヴォスはどうするのか気になります。

ダヴォスも大好きなキャラなので、メリサンドルに呪い殺されたりしなきゃいいけど。

と言っても、メリサンドルは今シーズンやたら自信なさそうだし(今回ジョンに「私にはなんの力もない」と認めてたし)大丈夫かな?


"Battle of the Bastards"


最後になりましたが、今回のエピソードタイトル「Battle of the Bastards」を見て初めて「おお、バスタード(=非嫡子)同士の戦いだ」と気づきました。ある意味ラムジーもジョンも、ふたりとも正式な跡継ぎではないんですよね。でもサンサは正式な跡取りの資格があるのかな、女性だけど。

リコン亡き今、正当な跡取り息子はブランだけのはずだけど、彼は3つ目のカラス(って直訳ですけど日本語でなんて言うのか調べる気力がない)になってしまったのでウィンターフェルを継ぐことはないんでしょうね。


今回は出番のなかったブラン、来週のシーズンフィナーレには出るのかしら?ベンジェンおじさんも見たいので期待してます!

しかし、最終回にはいったいどんなクリフハンガーが待ち受けてるのやら…。

メジャーキャラが死んだのか生きてるのかわからないパターンはやめてほしいです(^^;

*6/21、9話の特撮に関する動画&感想の追記をしました:
『ゲーム・オブ・スローンズ』S6E9の特撮について&感想追記

posted on Monday, June 20, 2016

関連記事:
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 ジョン・スノウはどうなった
ゲーム・オブ・スローンズ S6 Ep.5 ネタバレ感想〜「ドア」について
Game of Thrones S6 Ep.6&7 ネタバレ感想メモ〜戻ってきた男たちについて
Game of Thrones S6 Ep.8 ネタバレ感想メモ
(ゲームオブスローンズ関連記事のもくじをそろそろ作ります!)
↓↓
作りました:
ゲーム・オブ・スローンズ関連記事もくじ

4 件のコメント:

  1. 毎度毎度、お邪魔します。GOTの記事、楽しませて頂いております。

    9話、すごい展開でしたね。

    https://www.youtube.com/watch?v=lBq8E6dv7-4
    ↑に戦シーンのCG作成手順?みたいなのがちょこちょこ出てました。
    ・・・馬やドラゴンって骨から作ってるんですね。。だからあんなすごい精密でリアルなんだと実感しました。

    ラムジー結構あっさり死んじゃいましたね。でも見事に演じきったって感じで、演じた俳優さんが素晴らしいと思います。

    10話はトメン中心の話になりそうですね。


    できればジョンとベンジェンとブラン再会してほしいなぁ^^;

    返信削除
    返信
    1. takさん、コメントありがとうございます!
      だらだら書いてる感想を楽しんで頂いて嬉しいです^^
      ご紹介いただいたビデオ、とってもおもしろいので別記事でシェアしたいと思います!(*^○^*)ありがとうございました!

      そうそうラムジーをあれだけ憎たらしく演じた俳優さんはすばらしく上手なんだと思います!^^

      10話はトメン中心ですか…
      そうなるとサーセイの裁判の話も出て来るのかな。
      ジョンとブランの再会はいったいいつになるんですかね(^^;

      削除
  2. choco coさんの感想メモを読んで謎が解けました。
    あの木彫りはスタニスの娘にあげたものだったんですね。すっかり忘れていました。

    9話は確かに予想できる回でしたね。リトルフィンガーが率いる軍が現れるところとか。結局サンサは援護を頼んでしまったけれど、リトルフィンガーってサーセイに北部総督を志願していたような...まだ狙っているのかな?

    ジョンがラムジーを殴るのをやめた理由はそういうことだったんですね。本当サンサは強くなりましたね。リコンは殺されてしまったけど、ジョン・スノウ含めスターク家には生き抜いて欲しい。

    返信削除
    返信
    1. クロエさん、コメントありがとうございます!

      そうそう私もすっかり忘れてたんです。実は今回、2回観まして、最初見たときは気づかなかった「previously(今までのお話)」の映像の中で木彫りをあげてるシーンと火あぶりの場に連れて行かれる姫がそれを手にしているシーンが出てきたので合点が行きました。

      リトルフィンガーは出番がほとんどなくなってしまって、サーセイに志願してたこともあったような気がするけど、すっかり記憶の彼方です(^^;

      サンサが強くなったのは割と意外でした。彼女こそすぐ死んでしまい、アーヤが強くなるんだと思ってました。今やアーヤより頼りになる、というファンの声もあるみたいです(^^;

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。