2015年7月29日水曜日

『ウェイワード・パインズ』原作シリーズ一作め『PINES』読了

『ウェイワード・パインズ』原作の3部作一作め『Pines』をゲットしてから1ヶ月。TVドラマも終了してしまいましたが、ようやく読み終わりました〜(´▽`;)


英語ですけど、kindleunlimitedの無料30日間トライアルに登録すれば無料で読めます→ここをクリックでamazon.comのサイトにジャンプ!


英語版だと200ページぽっちなのになぜこんなに時間がかかったかというと、英語だからというだけでなく、作風というか文体というか、とにかく書き方が好みでないことが大きい(´▽`;)

スタイル自体は読みやすいんだけど、とにかくクドい。ペースがノロい。

以下、TV版『ウェイワード・パインズ』と小説『Pines(邦題「パインズ -美しい地獄-」)』のネタバレがあります。


どのくらいノロいかというと、一冊かかってようやくポープ保安官が死に、イーサンが保安官になるんです。

ていうか、一冊の半分はイーサンが逃げてる話。

そしてイーサンの痛みや過去のフラッシュバックが事細かに(細かすぎるほど)描写されてて、しまいには「とっとと話を進めてくれぇ!」と叫びたくなる、というか、飛ばし読みしたくなる(^^;

ちなみに、このイーサンの過去というのがドラマには全く出てこないダークなもので、これまた飛ばしたくなります(´▽`;)


●『Pines』での出来事の順番はこんな感じ:

  1. イーサン目覚める
  2. ビバリーの助けを借りて病院から逃げ出す
  3. ビバリー殺される
  4. イーサンは追っ手を逃れ、崖をのぼって山の施設へ
  5. ピルチャーに真実を聞かされる
  6. ピルチャー、ポープをアビー集団の中に置き去りにして殺す
  7. イーサンが次の保安官に就任
  8. 妻子と再会


ドラマは10話で三冊分カバーしてるらしいので、3話の最後でポープが死ぬのは妥当なペースなんでしょうか。

原作ではポープはブロンドの設定。

出来事の起こる順番がドラマとは違いますけどね。


●ドラマでの順番:
  1. イーサン目覚める(1話)
  2. ビバリーの助けを借りて病院から逃げ出す(1話)
  3. ビバリー殺される(2話)…ここまでは原作と同じ
  4. イーサンは追っ手を逃れ、妻子と再会(3話)
  5. イーサン、ポープを殺す(3話)
  6. イーサンが次の保安官に就任(4話)
  7. イーサン、崖をのぼる(4話)
  8. ピルチャーに真実を聞かされる(5話)

イーサンが崖をのぼる場面はドラマでは一瞬でしたが、原作では助けてもらったビバリーと別れる場面がお話の半ばあたりであり、そこから延々のぼる話。めっちゃ長いです。

また、テレサとベンの設定もドラマと原作は異なり、原作ではピルチャー自身が「冬眠」前のテレサに姿を現してます。イーサンより5年も前からウェイワード・パインズで生活してましたし。イーサンが覚醒したのも実はこれが3回めだったと言います。

ほかにもドラマでは触れられていなかった(と思う)謎がピルチャーから説明されるので、やはりがんばって(?)原作を読んでよかったです。

とはいえ、まだあと2冊…。読むヒマあるかしら〜

読めたらまた感想メモを書きたいと思います!

Posted on Tue. July 28, 2015

 

<関連記事>

原作のネタバレメモ:
『ウェイワード・パインズ』原作のネタバレメモなど

第2話「守るべき掟」感想メモ:
『ウェイワード・パインズ』Ep.2 取り急ぎ感想メモ+つけたし
第3話「忍び寄る魔の手」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第3話
第4話「奇妙な新生活」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第4話
第5話「全てが明かされる時」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第5話
第6話「選ばれた者たち」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第6話
第7話「反逆の始まり」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第7話
第8話「暴走する天才」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第8話
第9話「裏切り者には制裁を」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第9話
第10話「救世主」(最終回)感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第10話

『ウェイワード・パインズ』シーズン2の可能性は?
『ウェイワード・パインズ』にシーズン2があったなら




2 件のコメント:

  1. donko2015年8月1日 12:10

    Choco coさん

    またまた、お邪魔致します。
    第一部、 読破お疲れ様でした。

    私も、第一部を読み終わり
    第二部「ウェイワード -背反者たち-」へ
    突入致しました。

    第一部、 逃走部分&イラク時代へのフラッシュバック

    TVでは、保安官就任後⇒登山道具(?)らしき道具を用いて
    崖壁を登ったので、割とあっさりでしたが
    原作では、相当過酷な状態だったようですね。
    やはりTVの影響か、「祭り」→「逃走」・・・時々イラク
    この部分が「ながいよぉ~」って、思ってしまいました。

    ほとほと、飛ばしたくなりましたが
    今後のヒントが、隠されていては困ると思い
    読みましたが、相当な斜め読みをしてしまったような気がします。

    第二部は 邦題(副題)背反者通り
    TVではどのシーンか察しはつくと思いますが
    TVでは描かれなかったエピソードがあり、
    なかなか面白い(๑•̀ㅂ•́)bグゥ

    背反者やベンと学校のこと・・・
    あと、テレサにも何か
    秘密というか、イーサンが知らない訳がありそうな・・・


    さて完結編(ウェイワードのあとがきに、最後のタイトル「The last town」と載っておりましたが、そうなのですか?)の第三部ですが、日本語訳の本は、私の予想では
    来年3月かなぁ~ 最初が2014年3月 次が2015年3月・・・察するに
    2016年3月かと・・・待ちきれません(かといって、英語はムリ~)

    そうそう、「パインズ」を読んで、以前話した
    パート2があったら・・・妄想が、変わってしまいました。
    今はまだ、うまく妄想(想像)出来ていないのですが
    やはり、2000年近く時間は経過していなくて
    せいぜい100年位

    実は、ピルチャー
    人を凶暴にする「ウイルス」を作って伝染させた!・・・
    何故そんなこと?・・・支配者になりたかったから・・・
    なんちゃって(≧ω≦)

    ウイルスで凶暴って、何かの映画にもありましたね(笑)

    ウェイワードも読み終わった感想も
    聞かせてくださいね。

    返信削除
    返信
    1. donkoさん、コメントありがとうございます^^

      donkoさんもパインズ読まれたんですね〜。
      二冊めは、一応英語のはKindle用のがあるんですけど、帰国が迫っているので日本で日本語のを買うまで待とうかな〜なんて考えてます。
      読み終わったらまた記事をアップしますね^^

      そうそう、原作の過酷な崖登りシーンはドラマではサクッと割愛されてた感じですよね。ドラマを先に見たせいなのか、原作はめっちゃトロトロしてるように感じちゃいますよね。

      二作目もドラマと違う部分があるんですね〜、楽しみです!

      三作めのタイトルは、はい、The Last Townみたいです。
      シーズン2があるなら来年でもいいかもしれないけど、シーズン1で終了なら今のうちに出したほうが売れそうですよね〜。

      ピルチャーがウイルス作って伝染させた説もおもしろいですね(笑)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。