2017年3月21日火曜日

ウォーキング・デッド シーズン7第14話 ネタバレ感想

シーズン7第13話の続き

Facebookより

The Walking Dead

Season 7 Ep. 14 "The Other Side(密かな断行)"

Air date: March 19, 2017


昨夜のウォーキング・デッドも、思わず速攻トーキング・デッドを観てしまった展開がありました。


ここからネタバレ全開の感想
(一回観ただけで書いてるので間違って解釈してる部分とか勘違いがあるかも)




先週、トーキング・デッド内で放映された予告でロジータとサーシャがウォーカーたちを火でおびき寄せてたのは、車を入手するための行動でした。「自殺行為じゃないといいけど」なんらかの行動に出るらしい、と書いてましたが、まさにその自殺行為に出た2人。

ロジータが「内部に入り込んで確実にニーガンを殺す」と、命が惜しくない感じというか、むしろ最初から死ぬ覚悟なのに対し、「それをすると失敗した場合、取り返しがつかない。外から攻撃(ライフルで狙い撃ち)すれば、失敗してもまた挑戦できる」と冷静に合理的なアドバイスをするサーシャは、ロジータほど復讐に燃えてるわけじゃないんだと思ってました。

そもそもエイブラハムと恋仲になってからまだ間もないし(その前はボブだったし)、エイブラハムの強引な押しに「しょうがないわね」と情にほだされた感じで、たいして思い入れがあったわけじゃないと思ってたんですよね。

ただエイブラハム含む仲間のみんなを思う気持ちは十分あるだろうから、その点はロジータに負けないんじゃないかと思うものの、今回の襲撃計画はどちらか言うとロジータに押されて半ば仕方なくついてきたように見てました。

ところが、、、

金網を破って敷地内に入り込んだサーシャは、ロジータをうまくごまかして自分のあとに続けないように網をもう一度閉めてしまい、あんた何やってんの!!! と気づいたロジータに

Go. It's not your time. 
There's got to be a point to it, right? 
They need you.

行って。あなたの時じゃない(=死ぬ時じゃない)わ。
(There's got to be a point to it は、たぶん「死ぬには何か目的がなきゃね」という意味で言ったんじゃないかな?と推測)
彼らにはあなたが必要よ。

そう言ってたったひとりで敵の陣地へ突っ込んで行くんですΣ(゚∇゚*)!!

このときのサーシャの笑顔が切なくて切なくて…(;_;)

ここだけ5回くらい巻き直して観ちゃいました(ToT) が、観るたび泣ける(;_;)

とくにサーシャに思い入れのなかった私でさえ、「ええええ、サーシャだめえええ!!!」と泣けてしまったんだから、ファンの人は号泣ですよね…(;_;)

しかもロジータが呆然とするあたりから音楽が急に切ないものに変わるし(;_;)

このあと銃声は聞こえるけどサーシャがどうなったのかは見せてくれず、あとに残されたロジータがその場から逃げ出して泣いてるだけなので、もしかしてもしかしたら生きてる可能性もなきにしもあらずだけど、たったひとりじゃあ…殺されてるよね…(T_T)

なお、ロジータが泣いてるのを少し離れたところから見てる男がいるんですが、ダリルなんだろうか?だとしたらヒルトップからバイクぶっ飛ばして来たんでしょうか(あれ、まだバイク持ってたっけ?)

それとも、ドワイトだったりする??だとしたら、とうとうドワイトが反旗をひるがえすのか…?!

顔が映らないのでわからないまま、このエピソードはここで終わりです(ー_ー;


医者問題


11話でニーガンが医者を殺せたのは、てっきりユージーンが自分のことを「ドクター」だと言ったからだと思い込んでましたが、そうではありませんでした。ヒルトップのお医者さんを連れてくればいいと思ってたんですね。今回、サイモンがヒルトップにやって来たのはてっきりマギーやダリルが目当てだと思ってたので、医者を迎えに来たのだとわかって(それもイヤだけど)ホッとしました。

(このとき「医者の代わりに」と大量に持って来たアスピリンを入れた大きな箱は、インディアナ・ジョーンズの映画に出てくるやつをモチーフにしてるらしいです←トーキングデッドネタ)

マギーのお医者さんがいなくなってしまってちょっと不安だけど、あれだけストレスを受けてもちゃんと育ってる赤ちゃん、そうとうタフと見た。ぶじに生まれてくれることを信じています!


ジーザスのカミングアウト


マギーと話すジーザス、会話の中でさらっと「ボーイフレン(複数形)」がいたことを話し、ゲイであることをカミングアウトしてました。実はその言葉がジーザスの口から出る直前まで、「マギー、もしやジーザスと恋仲になるのかしら?」とかんぐってた私、あっさり玉砕(?)。夫曰く、彼はコミックでもゲイらしい。


ユージーン


最後になりましたが、ユージーンについて。せっかく危険をおかしてやって来たロジータに「あんたを助けに来たのよ。さっさといらっしゃい」と怒鳴られて「いやだ、ここにいるんだ」と逃げてしまう姿に、こりゃダメだ〜と見放したくなりました。ほんとに身も心もSaviorsに捧げてしまったんでしょうか?(´▽`;) 自分が助かればそれでいい、そんなヤツだったのかユージーン…。それでも彼には生き残ってほしいけども…。(^^;


Posted on Mon. March 20, 2017

※ブロガーだとコメントしにくい方のために、アメブロにコメント用記事をもうけています。ここにコメントが残せない方は、よろしければそちらにどうぞ。
*コメント用アメブロ記事はこちら

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

シーズン7・第15話に続く

<関連記事>
ウォーキング・デッド シーズン6関連記事もくじ
ウォーキング・デッド シーズン7関連記事もくじ




2 件のコメント:

  1. 最後に現れたのは、ドワイトじゃないですかねえ~
    ダリルなら武器を構えて、警戒する姿勢をとってるのが自然だと思うんですよ。
    あの姿は見回りをしてるような感じでしたから。
    あの一連の流れは、サーシャはもう助からない、と視聴者に思わせて、
    ドワイトに捕まったロジータが犠牲者に、
    という展開にもっていこうとしてるんじゃないですかねえェ

    次回の予告は、リック達が中心に出てましたから(ニーガンもチラッと出てましたけど)、
    サーシャ(場合によってはロジータも)の命運が決まるのはフィナーレじゃないでしょうか。
    なんにしても衝撃的な展開になるような気がしますが。
    (次シーズンへ持ち越しはもうやめてけれぇ~~)

    ところで、ヒースの今シーズン復帰は絶望的な感じになっちゃいましたね~
    再登場は忘れた頃かなぁ~(というか、すでに忘れかけてる)

    返信削除
    返信
    1. じゃとむさんもドワイトだと思われますか。
      見回りかあ〜。それは思いつきませんでした。
      あの場所からは敷地内のバタバタは聞こえないのかな?
      もしあれがドワイトで、騒動が聞こえているのにあのように仁王立ちしているのだとしたら、やっぱり何か通常と違うような…?
      もしかしたらロジータを捕まえようとしているのかもしれないですけどね。

      ヒースはもう戻って来ないような気がしてます、少なくとも今シーズンのうちには。あと2話しかないですしね。どうかな〜?登場人物あちこちにばらけすぎですよね(^^;

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。