2017年3月6日月曜日

ウォーキング・デッド シーズン7第11話 ネタバレ感想

シーズン7第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話の続き

Facebookより

The Walking Dead

Season 7 Ep. 11 "Hostiles and Calamities"

Air date: February 26, 2017


もたもたしてたら11話の感想まだアップしてないのに日曜がやってきてしまった!(^^;

今回はニーガンの久しぶりの登場に、コワくてメガネはずす場面もあって、ちゃんと観てないシーンもありまする…。


以下、ネタバレ全開の感想
(一回観ただけで書いてるので勘違いしてる部分あるかもです)






ダリル脱走直後まで時間軸を戻し、Saviors のアジトでの出来事に終始したエピソードでした。8話でニーガンに連れ去られたユージーンの行く末が心配でしたが、ようやくそれも判明。


ドワイトとシェリー


ダリルが逃げたことを知り、部屋に残されたメモを見て逃がしたのはシェリーだと気づくドワイトですが、シェリーは逃げ出したあとでした。ニーガンに「シェリーを連れ戻してこい」と命じられ、ドワイトが出向くのはかつていっしょに暮していた?家。そこに残された置き手紙を読み、シェリーがダリルを逃がしたのは自分のためであったと知るドワイト。「あなたが変わったのは私のせい。昔の自分を思い出させてしまうダリルがいると辛いだろうから逃がした」

もしシェリーがまだそこにいたら、ドワイトはいっしょに逃げていたんだろうに、すれ違い…。切ない。

基地に戻ったドワイトは、シェリーはウォーカーにやられ、医者がダリルを逃がしたのだとウソの報告をし、結果ニーガンは医者を(直視できなかったけど、たぶん)殺してしまうΣ(゚∇゚*)!! ヒドい…。

ドワイトが医者を犠牲にしてまで守ったシェリーはこのまま逃げ切るのか、それともウォーカーにやられてしまうのか…。できたらリックグループかキングダムか、どこか安全なところまで逃げてほしい気もするけど、どうでしょうね。


ユージーン


Saviors のアジトに連れて来られたユージーンは、ひどい目に遭わされるのかと思いきや、個室をあてがわれ、食べたい物を食べさせてもらい、自由に歩き回ることもでき、かなりの高待遇で「仲間」として迎えられたのでした。

ニーガンが唯一の医師を殺すことができたのも、ユージーンが自分のことを「ドクター」だと言ったからですが、それって「博士号」を持っているってだけで「医師」って意味じゃないよね?(^^; 医者としての教育は受けてないと思うのですが、違うかな?てかそもそもユージーンが博士号持ってるかどうかも怪しい(笑)。

で、ニーガンの「妻」たちを娯楽のためにあてがわれたユージーンは、「妻」たちに「仲間のひとりが自殺したがっている。毒薬を作ってほしい」と頼まれてホントに作ってしまいます。

ところが、毒薬は仲間のためではなく、ニーガンを殺すためだろうと察したユージーンは妻たちに渡すことはしませんでした。「あなたの計画だってチクるわよ」と脅されても「ニーガンはどちらの言うことを聞くかな?きみたちは取り替えがきくけど自分はきかないんだ」と堂々とやり合うあたり、かなり自信つけた様子。

しかしその晩、部屋にルシールを持ったニーガンが訪れると、自信をなくしたのかビクつくユージーン。ルシールを見ると仲間を惨殺されたときのことが思い出されてしまうのでしょうか。

ニーガンはそんなユージーンを「もう怖がらなくていいんだ」となだめます。それを聞いたユージーンの表情の変化が切ない。「えっ、そうなの?」とでも言ってるような、嬉しそうというか安心したというか、なんとも言えない顔をするんです。

「ただ、これは聞いておかなければいけない。おまえは誰だ?」

ニーガンのセリフが終わりきらないうちに(英語だと "Who, are," のところまでで)ユージーンは勢いよく「ニーガンです。あなたと会う前からニーガンでした」と言い切ります。

えーっ、ユージーン、早っ!!!!!

本心からニーガンチームに寝返ったのか、あるいはニーガンに取り入ってこっそり弱みをつかもうとしているのか…

このエピソードを見た限りでは、本心から寝返ったように見えます(^^;

寝返ったというか、ただ単に生き残るためならなんでもする本能みたいなものが働いてるだけのような気も。かつてエイブラハムたちにウソをついていたように。ユージーンはぼーっとして見えても生き延びるための知恵にたけている気がするんですよね。

ただ、それでもエイブラハムや仲間たちを殺したニーガンに心底なつくとは思えないかなあ…


『トーキングデッド』ネタ


この日のトーキング・デッドにユージーン役の Josh McDermitt とドワイト役の Austin Amelio が出演。ジョシュは「ユージーンはほんとうにニーガンの仲間になったのか」と聞かれても、答えられない、自分も知らない、と言い張ってました(笑)。

ドワイト役のオースティンは、ボーリングをしに行ったら♪Easy Street を大音響でかけられて参った、と話してました。彼にとってもこの曲はトラウマになってしまったようで、大嫌いになったと言ってました(苦笑)。


今回のエピソード内でユージーンが『ブレイキング・バッド』的なことをいろいろしてましたが、トーキング・デッドでも同じようなことをして遊んでました。


※ブロガーだとコメントしにくい方のために、アメブロにコメント用記事をもうけています。ここにコメントが残せない方は、よろしければそちらにどうぞ。
*コメント用アメブロ記事はこちら

Posted on Sun. March 5, 2017

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

シーズン7・第12話に続く

<関連記事>
ウォーキング・デッド シーズン6関連記事もくじ
ウォーキング・デッド シーズン7第1話のリーク情報
ウォーキング・デッド シーズン7第1話ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第2話ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第3話ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第4話ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第5話ざっくりあらすじとネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第6話 簡単なあらすじと感想
ウォーキング・デッド S7E6 おまけ: トーキング・デッドネタ
ウォーキング・デッド シーズン7第7話 簡単なあらすじと感想
ウォーキング・デッド シーズン7第8話 ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第9話 ネタバレ感想
ウォーキング・デッド シーズン7第10話 ネタバレ感想

2 件のコメント:

  1. メインがユージーンとドワイトという異色の組み合わせでしたけど、
    最後の会話の雰囲気は異色コンビの誕生か、って感じでしたね~
    このふたり、どちらも完全なニーガン支持者ではないと思うので、
    この先、リックとニーガンの戦いが始まったらどう行動するのか、興味のあるところですね。
    ふたりとも何か意外性がありそうですからね~
    とくにユージーンには注目ですね。

    返信削除
    返信
    1. じゃとむさん、コメントありがとうございました!
      お返事が大変遅くなってすみません。

      このエピソードのように、脇キャラにもフォーカスを当ててくれるのはTWDのいいところでもありますよね。

      トーキングデッドで話題に出て思い出したけど、初対面のとき、ユージーンがドワイトの急所に噛み付いてたんですよね。すごい出会い方ですけど、この先手を組んでニーガンと戦ったりするんでしょうか…(^^;

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。