2015年12月18日金曜日

The VOICE シーズン9優勝者決定

いよいよヴォイスも最終回。フィナーレでは、いつものごとくコンテスタントとは無関係のパフォーマーたちが華麗にステージを飾ってくれました。

と言っても知らないメンツが多くて途中早送りしたくなりましたけども…

今回かろうじてわかったゲストは The Weekend とジャスティン・ビーバー(奇しくも2人ともカナダ人)。

「Can't Feel My Face」を含むヒット曲メドレーをやってくれたのは嬉しかった(*^○^*)




しかしジャスティン・ビーバーが登場したときの会場の騒ぎようはすごかった(^-^;
集まった人は9割がたジャスティン目当てなんじゃないかと思うほど。

ふだん彼の曲には全く興味がないんだけど、エレンで歌ってくれたこの曲はなかなか好き!という『Sorry』だったので私もじっくり聴きました。

歌詞つきビデオ↓



また、ヴォイス公式YouTubeチャンネルでは見つけられなかったけど、コンテスタントたちで大好きなジャーニーの「Anyway You Want It」を歌ってくれたのが個人的にとっても嬉しかった!(*^○^*)

もちろんオリジナルには勝てないけどね!↓


オフィシャルビデオがあったんだ〜。と感動したけど、口の動きが全く合ってませんね(苦笑)。スティーブさん若いし〜!!!(*´▽`*)


さて、パフォーマンスの話や関係ない話はこのくらいにして、結果は…



これまでのiTunesランキングや、特に結果発表前のランキングを見ても圧倒的に他を制していたジョーダンが優勝!

Facebookより

2位はエミリー・アン、3位バレット、4位ジェフリー…と、なんのサプライズもない結果でした。

ジョーダンはブラインド・オーディションのときからすごい声で「なんでヴォイスが必要なの?プロとして活躍してるべきじゃ?」と思わせる落ち着きぶりでした。

しかし、今までもそういうすごいヴォーカリストが出てもルックスのせいなのか人気なくて落ちていく人をたくさん見て来たため、ジョーダンも途中で落ちちゃうんじゃないかな〜と思ってました。

だから、今回ジョーダンが「声」で勝負する(はずの)番組で優勝できて嬉しい。

ただ、「上手に歌える」だけで私の心にはあんまり響くものがなかったですけどね…

それにしても、過去の優勝者がひとりも出てこなかったという意味ではフィナーレとしてちょっぴり物足りなかったです。

1年に2回もある『ヴォイス』、またすぐ新しいシーズンが始まっちゃったらシーズン9のコンテスタントのこともすっかり忘れちゃうんですかね〜。

Posted on Thursday, December 17, 2015




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。