2015年12月20日日曜日

The Last Man on Earth シーズン2・第10話の感想メモ

Critics Choice Television Awardのコメディ部門主演男優賞に、大好きなラスト・マン・オン・アース(「地上最後の男」)のウィル・フォーテがノミネートされました!(*´▽`*)

おめでと〜!カウチに座ってるのがウィル("タンディ")
画像はすべてFacebookより。

ところで、なかなかショッキングなラストだったシーズン2・第10話(ウィンターフィナーレ)の感想を走り書き。


*以下、ネタバレ*



まさかと思ったけど、ついに2人めの犠牲者が。

途中からヤな感じではあったものの、まさかフィル2(上の写真で後方左に立っている男性)を殺すとは思わなかった…。

しかも「盲腸炎」の手術をド素人のゲイル(写真で肩を抱いてる女性!)にやらせた結果Σ(゚∇゚*)!! まあ医者でもない人が手術してあっさり助かっちゃったらそれもビックリだけど(^-^; 

そもそも人形で練習しただけで本番行っちゃうのがすごい(´▽`;)

手術してもしなくても死んじゃうなら、やってみるだけやってみよう!ってところだろうけど、あんなふうに自分が「手術」したせいで今まで生活を共にして来た仲間(途中からめっちゃ嫌ってたけど)を死なせてしまうなんて、トラウマだよね…。

それでなくともゲイルは恋人ゴードン(ウィル・フェレル)の死をいまだに乗り越えられずにいるんだから、もしかしたらこれがきっかけで彼女は消えてしまうのでは?


また、最後に"タンディ"ことフィルの兄弟マイクがとうとう地球に向かうみたいだったけど、ジェイソン・サダイキスが次回からはレギュラーに昇格したりするのかしら(*´▽`*)

宇宙飛行士だというだけで勝手に「兄」だと思ってたけど、実年齢チェックしたらジェイソンのほうが5才も若い!やっぱフィル(タンディ)の「弟」なのかな?

マイクが虫を相手にひとりでしゃべってるのも楽しかったけど、やっぱ「ひとりじゃない」ことをわからせてあげたいなあ。


この10話を最後にお休みに入ってしまい、いつ再開されるのかわからないけど続きが楽しみ〜!


Posted on Saturday, December 19, 2015




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。