2015年12月16日水曜日

The VOICE シーズン9 ファイナル4 iTunesランキング

トップ4決定戦では9人から一気に4人となった『ヴォイス』もいよいよ大詰め。ゆうべは決勝パフォーマンスが行われ、それぞれ2曲ずつソロ、1曲ずつコーチとのデュエットが披露されました。

ジェフリーは私の大好きなクリスマスソング『O Holy Night』を歌ってくれてワクワクしたものの、ふたをあけてみたら「風邪でも引いたの?」と突っ込みたくなるほど音がはずれてて残念でした(-_-;

ただ、コーチとのデュエット曲の中ではジェフリーとグウェンのデュエットがいちばんよかったかも。



アダムとジョーダンのデュエットは、「だれが主役?」と首をかしげたくなるほど、なんかジョーダンかわいそうだったから(^-^;

ジョーダンのソロ(クリスマスソング)、『Mary Did You Know』はすばらしかった。







さて、西海岸では3時間後にフィナーレの放映が始まるという現在のiTunesランキングをメモ:

※12/15午後5時時点。カッコ内はコーチ名、コーチ名がないものは先週以前の曲かデュエット曲。


    1. Jordan Smith "Mary Did You Know"(アダム)
    2. Emily Ann Roberts "Burning House"(ブレイク)
    4. Jordan Smith "Climb Every Mountain"(アダム)
    5. Jordan Smith & Adam "God Only Knows"
    6. Emily Ann Roberts & Blake "Islands in the Stream"
  10. Barrett Baber "Die a Happy Man"(ブレイク)

  11. Jordan Smith "Somebody to Love"
  12. Jeffery Austin "Stay"(グウェン)
  15. Jeffery Austin & Gwen "Leather and Lace"
  17. Jordan Smith "Hallelujah"
  18. Emily Ann Roberts "Blue Christmas"(ブレイク)
  21. Barrett Baber & Blake "Rhinestone Cowboy"
  24. Jeffery Austin"O Holy Night"(グウェン)
  27. Barrett Baber "Silent Night"(ブレイク)
  37. Jordan Smith "Great Is Thy Faithfulness"
  48. Jordan Smith "Halo"
  54. Jordan Smith "Chandelier"
  59. Jordan Smith "Set Fire to the Rain"
  61. Jeffery Austin "Believe"
  70. Emily Ann Roberts "9 to 5"
  84. Emily Ann Roberts "She's Got You"
  89. Jordan Smith "Who You Are"
  99. Emily Ann Roberts "I Hope You Dance"

102. Emily Ann Roberts "Why Not Me"
110. Emily Ann Roberts "Cowboy Take Me Away"
113. Barrett Baber "I'd Just Love to Lay You Down"
120. Jeffery Austin "Jealous"
131. Emily Ann Roberts "In the Garden"


ランキングをざっと見る限り、ジョーダンとエミリーの一騎打ちって感じですね。

ジョーダンはトップ10にデュエット含む3曲入っただけでなく、100位以内に7曲、合計10曲がトップ100入り。

エミリーもトップ10に2曲、131位までに7曲と9曲がランクイン。

ほかの2人もがんばってはいるけど、優勝はよほどオンライン投票など他の方法で票数を集めない限り難しそう。

まあiTunesによる予想が裏切られることはままあることなので、いきなりバレットが優勝する可能性もなきにしもあらずですが。

いずれにせよ、あと数時間で結果発表です!

Posted on Tuesday, December 15, 2015




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。