2016年4月11日月曜日

ウォーキング・デッド S6見直し中「プロテインバー」(第1話)

我が家のDVRがもうパンパンで、容量確保のため今シーズン終了した『ウォーキング・デッド』をひととおり観直してから削除しようと思い、ゆうべシーズン6の1話を見直しました。

最初に見たとき書いた感想はこちら↓
ウォーキング・デッド シーズン6プレミア・ネタバレだらだら感想


シーズン6って話があちこち分割してバラけてたようなイメージがあって、もう一度見直して頭をスッキリさせたかったのもあります。

正直「見直す」のにも覚悟がいるというか、暴力シーンなんかはもう見たくなくて気が重くなりますが…

で、1話を見直し始めてすぐに思ったのが「アレキサンドリアの住民が判別できる!」(笑)。

今はトビンやヒースもわかるようになったけど、最初に1話を見てたころは新しい登場人物が多すぎて、だれがだれやらわかんなかったんですよね(^^;

そういう意味では見直すのもいいかも!


(以下、15話のうっすらネタバレ及びシーズン6全体のネタバレを含みます)




また、リックがのちに15話で「ミショーンが盗んだんだ」とモーガンに言ってた「プロテインバー」(こちら)の件、全く覚えてなかったけど、1話でその話が出てきました!

(あいだに14話もあけるなんて、いくらなんでもひっぱりすぎ…笑)

モーガンがミショーンに「おれのプロテインバー盗まなかった?ピーナツバター味がもう一個あったはずなんだが」と問うんです。ミショーンは「盗んでない」と否定しますが(笑)。

…しかし、これ見てもやっぱりこの質問の真意がわからないなあ(笑)


また、リックが「人殺しを敷地内に埋めるわけにはいかない」と言ったあとのモーガンとリックの会話が印象的。

「人殺し」というのはディアナの夫を殺したピート(そのへんの事情すっかり忘れてたので1話の感想の冒頭に抜粋したシーズン5最終話のあらすじを確認しました笑)のことなんですが、それを聞いたモーガンが「おれだって人殺しだ、リック。きみもそうだろう」と切り返すんですよね。

Facebookより

モーガンの言うことももっともだ。

最初にこれを見たときは「リックやモーガンは必要に迫られて、正当防衛で殺してるんだから、ただの人殺しとは違う」と思ったんでしょうが、シーズン6でのリックはちょっと一線を越えてしまった気がするので、モーガンのこのセリフが今になって意味深く感じます。


ウォーカー軍団のおびき寄せ作戦を前にリックがみんなに言うセリフ「We have to come for them before they come to us. やつらがおれたちのところに来る前に、おれたちがやつらのところに行くんだ」も、今になると意味深。

これがリックの信念なのね。

「やられる前にやる」

この信念のもと、のちにニーガングループの寝込みを襲うことにするわけですよね…。

(しくしく…)


今思うに、アレキサンドリアの住人たちは、リックたちに会う前にニーガングループがやってきていたら、ヒルトップ同様、抵抗せずにあっさりと「交渉」されて言うなりになってたのかなあ。

もちろんヒルトップみたいに何人かは犠牲になってただろうけど。

あるいは、あのウォーカー軍団にいずれは襲われて全滅してたでしょうか。

まあ、もう会っちゃったんだから、いまさら「もし…だったら」なんて考えてもしかたないんだけどね。



< 別の意味で(軽い意味で)おもしろかったこと >

・キャロルが「まあ怖い!」と演技してる(笑)。今や、ちょっぴり切ないものの、なつかしくて笑えました

・グレンのこのセリフ↓

「リハーサルのはずだったのに」と不満顔のヒースに「おれだってピザの宅配してるはずだった」
(画像はFacebookより)

それにしてもグレンってば、今シーズンは大変な目に遭ってばかり(;_;)

唯一のアジア人レギュラーとして(そうでなくても好きだけど!)がんばって生き延びてくれええ!!!


Posted on Sunday, April 10, 2016
(フィアー・ザ・ウォーキング・デッドが今晩から始まります!)

ウォーキング・デッド シーズン6関連記事もくじ





0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。