2016年4月10日日曜日

アメリカン・アイドル 最終回のパフォーマンス映像いろいろ

アメリカン・アイドル最終シーズン、終了…。にも書きましたが、アメリカン・アイドルシーズン15の最終回の映像をYouTubeのアメアイオフィシャルチャンネルから集めてみました。

今回いちばん驚いたのは、なんと、バラック・オバマ大統領のスピーチで始まったこと(!)。


画面右下の「設定」(歯車アイコン)を押すと英語ですが字幕がつけられます↑


過去のアイドルコンテスタントたちがそれはそれはたくさん出演したのですが、なかでも私がいちばん嬉しかったのは…



このパフォーマンスの始まる直前、司会のライアンが曲を紹介してるときに夫が「フィリップ・フィリップスです!」と冗談で言ったら、歌い出した声がホントにフィリップ・フィリップスだったので心底驚いた!思わず「あれ、ライアンなにかヒント言った?」と巻き戻してしまったほど(笑)。

訴訟騒ぎとかあったし、彼の出演はないものとあきらめていたので、ものすごく嬉しかった(*^○^*)

私がアメリカン・アイドルを観始めた(そしていちばんハマった)シーズン11の優勝者で、しかも最初から注目して応援してた人なので最高に思い入れがあるんです。今のところ、彼が最後の「成功したアイドル優勝者」なんじゃないかと思う。


夫が大喜びしたのはこの人の登場↓



ウィリアム・ハングの「シー・バング」(笑)))))


ほかに、コルトン・ディクソンのソロも嬉しかった!


1'26"あたりからコルトンのソロ↑

2012年のシーズン11の頃はまだ20才だったコルトンも、いまや24才。ウィキったら今年結婚したばかりなんですねぇ。どうりで年齢を感じるわけだ(?)。

あと、私は初めて見た人だけど、上のビデオの6'25"あたりから歌い始めたピア・トスカーノという人の『オール・バイ・マイセルフ』がすごくよくって、ファンになりそう。調べてみたら、こんなに上手できれいな人がシーズン10で9位に終わってるんですね。もったいない…。


また、同じく今まで知らなかったけど最近の「過去のコンテスタント特集」なんかで知って興味を持ったアーティストがこの人↓



先頭を切って歌ってるのにマイクがオフになってて(サウンド担当はだれだ〜!)残念な彼、Constantine Maroulisがその人。やたらとintenseで漫画ちっくな顔とパフォーマンススタイルが超気になります!(*^○^*)

ケイレブもお久しぶりに見たけど、あいかわらずパワフルボイスですね〜。あとドートリーが出てるのも嬉しい♪


また、ジェシカ・サンチェスを久しぶりに見られたのも嬉しかったです。シーズン11をリアルタイムで見てたときはいまいち好きになれなかったけど、今は同じアジア人として誇りに思ってます!^^


4'35"あたりからジェシカのソロ。それ以前も聴き応えのあるアーティストばかりです^^

今20才ってことは、2012年当時は16才かあ〜。まだまだ若いし、これから大きく育ってほしいです。


ほかに、ジェニファー・ハドソンやハリーコニックJr.などなど、嬉しいパフォーマンスはまだありますが、それはリンクだけ貼っておきます。

ジェニファー、ファンテイジアなど:
https://youtu.be/qCHJ5Qm8NuY

ハリーコニックJr.と少女のデュエット:
https://youtu.be/v8_BYnpJhAo





< お ま け >

(※シーズン15の優勝者をご存じじゃない人にとってはネタバレになります)


最終回のパフォーマンスではないのですが、「つまらない曲でビックリ」と書いたトレントの「ウィニング・シングル」、彼が優勝したので記念に載せておきます。ほんとにつまんない曲(ファンの方すみません)だけどね…。



(最終回では涙で歌えてなかったので、その前日のパフォーマンスのクリップにしました)

こんなの売れないでしょうと思ったけど、さっきiTunesのランキング見たらなんと11位でした。ビックリ。さすが、みんなに選ばれたアメリカン・アイドルの優勝者。


過去のコンテスタントのことちらちら調べながら書いてたら0時を回ってしまいました…

これで一応、アメブロ時代から書いてきたアメリカン・アイドルについての記事は終わりなのかな〜。いずれ、アメブロ記事もこちらに移すかもしれませんが。

いつの日か、また戻ってきてくれることをこっそり期待しながら。

Posted on Sunday, April 10, 2016




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。