2015年5月29日金曜日

ウェイワード・パインズ 出口のない街 第3話の感想メモ

Wayward Pines episode 3 "Our Town, Our Law"
Air date: May 28, 2015
(以下、すべての写真はFacebookより)

*6/27つけたし:第3話の邦題は「忍び寄る魔の手」(Foxジャパンのサイト「ウェイワード・パインズ 出口のない街」より)
う、うう〜ん…これは原題をそのまま素直に訳してつけちゃったほうがよかったのでは?「オレたちの街、オレたちの掟」でいいじゃん。だめ?(^-^; ※Foxジャパンにケンカ売るつもりじゃないですよ!


ゆうべの『ウェイワード・パインズ』第3話も、

わあああああΣ(゚∇゚*)!!

な、展開だったので(先週に引き続き)またまたビックリな場面だけメモ。


※以下、ネタバレ※



Facebookページにこんなの載ってましたが、
      ↓↓↓


「Who's next? Find out tonight(次はだれだ?答えは今夜)」


先週、衝撃の公開処刑で殺されてしまったビバリー(ジュリエット・ルイス)の顔に×がついてますけど、まだまだ死ぬ人がいるよ、という脅しだったんでしょうか。

私はこれ、ドラマ観てから見つけたので、まさか2話連続で死人が出るとは思わずビックリしました(´▽`;)


今回死んだ(殺された)のは…


なんと、



保安官!!!


しきりに「ここはオレの街だ」と息巻いて大きな顔してのさばってたわりに、あっさり死にました(笑)。


それにしても、死体を持っていったモノはなんだったのか…


てか、てっきりこれ、すべてイーサン(マット・ディロン)のアタマの中の話なんじゃないかと思ってたけど、外部から妻子が加わったりできたってことは夢オチじゃないのね。

先日、原作のあらすじを読んだくせ、もう筋書きを忘れてしまった私(苦笑)。


ほかにゆうべのエピソードでナゾだったのは、殺されたビバリーがエバンスの遺体があったのと同じ廃屋に吊られていたこと。なぜわざわざあの家に移したのか…。エバンスはビバリーと同じ方法で殺されたあとベッドに縛りつけられていたけど、ビバリーは天井から手首を縛られて直立の状態で吊られていたし。ナゾ。

また、ビバリーは「狩られて」「処刑」され、そのあとイーサンも捜索されていたにもかかわらず、翌朝にはなんでふつ〜に街中を歩いてられるわけ?家族が加わってなにごともなかったかのようにビバリーの住んでた家をあてがわれてるし。なぜかコミュニティに受け入れられたというか、有無を言わさず加えられたってこと?


もう一度、原作のネタバレ読んでみよう!(笑)

第4話の感想メモにつづく。




<関連記事>

原作のネタバレメモ:
『ウェイワード・パインズ』原作のネタバレメモなど

第2話「守るべき掟」感想メモ:
『ウェイワード・パインズ』Ep.2 取り急ぎ感想メモ+つけたし
第4話「奇妙な新生活」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第4話
第5話「全てが明かされる時」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第5話
第6話「選ばれた者たち」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第6話
第7話「反逆の始まり」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第7話
第8話「暴走する天才」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第8話
第9話「裏切り者には制裁を」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第9話
第10話(最終回)「救世主」感想メモ:
ウェイワード・パインズ 出口のない街 第10話

<関連サイト>
オフィシャルサイト「ウェイワード・パインズ 出口のない街
Foxジャパンのサイト「ウェイワード・パインズ 出口のない街

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。