2015年5月10日日曜日

Ioan Gruffudd's comments

『Forever』もしかして続きを作る気はないのかな?と先日書きましたが(こちら)、打ち切りを知った主演のIoan Gruffudd(ヨアン・グリフィズ)がインスタグラムでコメントした内容によれば、そうでもなかったみたいです。

以下、長いけどインスタグラムを貼り付けます。冒頭の数行を読むと「数字がよくないのはわかってたけど、打ち切りは予想していなかった」ことがわかります。




My dear friends, fans, supporters. Tonight, as you all now know, I received a phone call that I was hoping not to receive, and to be honest I really wasn’t expecting it. I knew the numbers hadn’t been great, but I also knew the studio and the network both loved the show, and of course that it had an incredible fan base…so I thought we were in with a pretty good chance. But sadly no, this time the cards weren’t dealt in our favor. Show business is like that. Hell, life is like that. You ride to the top of the wave and then you come crashing down again. I asked Alice to send out the sad news because I was a little bit shaken up and needed time to gather my thoughts. So I sat down and started reading the thousands of Tweets in response to the announcement. And the more I read, the more I couldn’t believe it. The love, the sense of solidarity, the hope, the kindness, the support. Not just for the show, but for each other. And slowly I began to focus on what we had gained in the past year, rather than what we had lost in the last five minutes. I was overcome by a sense of gratitude. To have met you all and to have you all rooting for me and the show. At having a chance to play the role of my dreams, even if it was only for a year. To have been given the chance to bring Henry to life. Watching the interaction of the FOREVER fans come together and share their love for the show has been breath-taking. It was you guys who held me up when I thought I could no longer go on. (Those days were LONG!) You made me smile when you pointed out the little things I did on screen that I thought had gone unnoticed. You gave me confidence when I accidentally found myself reading less than shining reviews. You were always with me, every step of the way, waving your flags, shouting your support for the show. It’s been an incredible, wonderful year, one that I will never, ever forget. And guess what? The memories belong to us. We get to keep them ‘forever!’ Thanks again a million times for your unwavering support. Stay strong, be brave, and show kindness as often as you can! Ioan xxx
Ioan Gruffuddさん(@ioangruffudd)が投稿した写真 -


ヨアンがヘンリー役を愛していたこと、どれだけこのショーを楽しんでいたかがわかる切ない文章ですが、最後は前向きに「この1年で得たものにフォーカスすることにした」と、ファンへの感謝の言葉で締めくくっています。

Foreverもヘンリーも大好きだったけど、このインスタグラムのメッセージを読んでヨアン自身のファンになりました!(*^○^*)


それにしても、コメントを読むと「ネットフリックスがピックアップしてくれないかしら」と期待するファンも多いし(私含めて)、なんとかシーズン2くらいまで作ってほしいよぅ〜(;_;)


ファンになったついでに(?)彼が今までどんな映画やドラマに出てたのかチェックしてみたら、


なんとなんと〜〜〜!!!




タイタニックのナイスな船員さん、似てるなとは思ってたけど、本人だったのね!!!

(私、『ファンタスティック・フォー』しか今まで知りませんでした)


タイタニック、もう10回は見てるけど、また見たくなっちゃった(笑)。




4 件のコメント:

  1. 今日本でちょうどForeverをスカパーで放映中で、毎回楽しみに見ています。かなり面白くて、長年海外ドラマを見ている私の中でも上位に入ります。でもS1でおしまいだと最近知ってがっかりしました。数字がそんなに悪かったというのが信じられないな。私にとっては残虐シーンの多いGame of Thrones(夫が好きなので付き合って見ています)より100倍いいのですが。Ioan Gruffuddのメッセージを掲載してくれてありがとうございます。俳優さんにとって、やっぱりシーズン打ち切りはショックなものなんだということがよくわかりました。

    返信削除
    返信
    1. Angeさん、コメントありがとうございます。
      このドラマのおもしろさを分かち合える方がいて嬉しいです!

      打ち切りは本当にガッカリでした。ネットフリックスや他のケーブルなんかでピックアップしてくれればいいのにと願ってました。

      視聴者数じたいは夜10時からの放送枠のわりに400万人を下ったことはないので、別の局がピックアップしたらわりと売れるんではと思うんですが、そんな話は聞かないのでホント残念です。

      削除
  2. 昨夜E19 "Punk is Dead"(壁内に女性のミイラ死体が発見される話)を見ました。

    Henryの奥さんが失踪した1984年のシーンで、若い頃のAbeを演じるアクターの横顔がAbe(Judd Hirsch)によく似てるなぁ、似た役者さんを探してきたのね~と思って見ていたところ、正面顔を見てびっくり!

    Chocoさんは「Numb3rs 天才数学者の事件ファイル」というドラマご覧になったことありますか?
    (私は飛び飛びで計10話ほどしか見てないですが)
    主人公の数学者の父親を演じるのがJudd Hirsch。
    そして主人公の数学者役は俳優David Krumholtz。
    今回若い頃のAbeを演じたのはこのDavidだったのです!

    なんとも粋な配役!!とちょっと感激。
    ついまたここに書き込んでしまいました(^_-)

    返信削除
    返信
    1. Angeさん、コメントありがとうございます!
      天才数学者〜のドラマは観てないんですが、俳優さんのお話は興味深いです、教えて下さってありがとう!(*^○^*)

      こういう、ちょっと遊んでるようなオマージュのような配役だったりセリフ回しだったり、別の局のドラマであってもできちゃうところがおもしろいですね!(ちょっとググってみたら天才〜はCBS、フォーエバーはabcでした)

      今見てるドラマでもそういうオマージュが散りばめられまくっててウケまくってるものがあって、いずれブログに書きたいと思ってます^^

      フォーエバーはエピソードごとに分けて書いてませんし(ほんとは書きたいところですが…)、いつでもまた、ここにどうぞ♪

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。