2017年6月24日土曜日

Bates Motel シーズン5第9話 あらすじと感想

『ベイツ・モーテル』最終シーズンの10話までのあらすじ&感想、5話以降は観ながら走り書きしたメモをもとに、薄れゆく記憶を掘り起こしつつ書いてます。

またちょっと時間があいてしまい、忘れてしまったので9話も軽く見直しました(^-^;
10話も見直すかな…。


シーズン5・第8話からの続き。

画像はFacebookより


以下、ネタバレ。



シーズン5第9話 "Visiting Hours" aired on Apr. 17, 2017


前回からノーマンはブラックアウト中で、今回も体はノーマンだけど心は完全にノーマ、という状態が続いています。ノーマがノーマンの服装をしてるのがちょっと笑えるけど、ビジュアル的にノーマとノーマンが交互に映るやり方がうまいと思いました。

今回のエピソードタイトル「面会時間」はエマがノーマンを訪れる面会のことを指すのでしょうか。このシーンは心に残る切ない場面でした。


感想入りのざっくりあらすじ


ケイティを父親に預けてディランのもとにやって来たエマに、ディランは母親の死体が湖で見つかったこと、ノーマンが殺したんだと思っていることを伝える。

ディランはエマに遠慮してノーマンの予備審問にも行かないつもりだったが、結局行く。やはりたったひとりの弟を見捨てることはできなかったらしい。

裁判所でマデレンに「弟のことだもの、あなたずっと知ってたのね。How do you live yourself?(←よく平気でいられるわね、という訳語をネットで見つけました)」となじられるディラン。

(今までの経緯を知らないマデレンだから言えるんだろうけど…ディランはがんばったと思うんだけどなあ。彼の責任じゃないでしょう)

エマは母親を火葬にし、山で遺灰をまく。その後、シアトルに戻る前に留置場のノーマンに会いに行くが、そこにいるのはノーマンではないことを察し、「Where's Norman?ノーマンはどこ?」と聞く(このシーン、ウルっと来た)

ノーマンは寝ている、と答える "ノーマ" に、涙ぐむエマは「Can you tell him that I miss him? ノーマンに、会いたいって伝えてちょうだい」とだけ言って去る。


エマが「ノーマンはどこ?」と聞くシーン↑


一方、ガソリンスタンドでノーマン逮捕のニュースの載った新聞を見たロメロは、ノーマンの拘留されている署(かつて自分が保安官として働いていたところ)に向かう。

レジーナ(受付の女性)を人質にノーマンを連れ出したロメロが「ノーマの遺体のところへ連れて行け」と命じるところで終わり。

完全に犯罪者になっちゃったよアレックス(^-^;
いやもともとだけども…(´▽`;)


<おまけ>

ノーマンの弁護士は『エージェントオブシールド』のElena!(笑) 『エージェント〜』では登場当初、ほとんど英語を理解しない役だったのに、ここでは敏腕弁護士らしく、別人のようです。

シーズン5・第10話(シリーズ最終話)に続く。


●関連記事もくじを作りました:
Bates Motel(ベイツ・モーテル)関連記事もくじ

Posted on Friday, June 23, 2017

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。