2017年6月14日水曜日

Bates Motel シーズン5・第5話あらすじと感想〜リアナ登場回!

『ベイツ・モーテル』最終シーズンの10話までのあらすじ&感想を忘れないうちに書こうと思ってたのに、時間があいてしまいました。観ながら走り書きしてたメモをもとに、これ以上忘れないうちに書かねば…。

シーズン5・第4話からの続き。

画像はFacebookより


以下、ネタバレ。



シーズン5第5話 "Dreams Die First" aired on Mar. 20, 2017


まとめビデオ↓5分以下でベイツ・モーテル



すごくおもしろいエピソードだったことは覚えてるけど、詳細をもうあまり覚えてません(´▽`;) メモっといてよかった。。


エマ&ディラン


久しぶりにエマ&ディラン&赤ちゃんケイト登場。ディランが隠しておいたイヤリング(シーズン4に出てきました。ディラン、キープしてたんだね)を見つけるものの、自分の母親ではなくディランの母親のものだと思い込むエマ。

ディランはとうとうエマに真実を話すが、「ノーマンが自分の母親に何かしたかもしれない」ことを夫が今まで隠していたと知ったエマは怒りまくってディランを追い出す。

ひとりになったエマがぼんやりベイツモーテルのことを見ていると、偶然ノーマの自殺を報じる記事を見つけてしまう。


ノーマン&マデレン


ノーマンは「ゆうべはごめんなさい」と謝るマデレンにはずみでサムの浮気をばらしてしまう。ノーマンが自分と出会う前にすでに夫の浮気を知っていたことを聞かされ、「からかってたのね」と憤慨するマデレンはノーマンを突き放す。

(なんか今回女が男を怒って追い出すことが多い?!(^-^;)

てか、ノーマンを誘ってたのはマデレンのほうじゃないのかいな…あんなに怒るなんて、ちょっとノーマンかわいそう。


ノーマン&ノーマ


ノーマが家にいないため不安になるノーマンは、ノーマの残したバーのマッチを見て電話をかけ、ノーマがゆうべもバーに行っていたことを知る。男がいっしょにいたと聞いて衝撃を受けるノーマンはバーまで「ノーマが置いて行った」車を取りに行く。

帰宅途中、かつて入院していた病院の精神科医エドワーズ(S4の感想記事参照)と偶然出会い、誘われるままお茶をするノーマンは「母親がいないはずのときに母が見えることがあり、ときには自分が母親になる」と自分で言って(自覚して)衝撃を受ける。

(このとき、あれ?こんなふうにタイミングよくエドワーズに会うなんてこともあるんだ〜、という違和感がちょこっとだけありました)

ノーマンがあわててバーに戻ると、見知らぬ男たちが当たり前のように話しかけて来て、しまいにはゆうべ車の中でカーセックスをしたらしい男が現れ、そのときの様子が思い出されてショックを受けるノーマン。

このとき、ショックのあまりブラックアウトしてノーマに取って代わるかと思ったら、そんなことはなかったのがちょっと意外。


マリオン登場


リアナの扮するマリオンがようやく登場!待ってました!

1話では顔を見せなかった、ベイツモーテルにサムが連れ込んでいた浮気相手はマリオンだった(映画『サイコ』の筋書きどおりなのに全然気づいてなかった…)。

マリオンが会社のお金を持ち逃げしてベイツ・モーテルにやって来る、というところまでは映画と同じだけど、この先は…?


↑「マリオン・クレイン、部屋をお願い…カリフォルニア・キング・ベッド?」というキャプションが笑える。もちろんリアナのヒット曲をかけたジョーク。

映画のなりゆきを知っていると、殺されちゃう〜!とドキドキしますが…どうなるのかは6話で。


<ゲストキャラ>


笑っちゃったのが、マリオンの意地悪な上司が『ワンス・アポン・ア・タイム』のアーチー(Dr.ホッパー)だったこと!ワンスではいい人のイメージが強いけど、ほかのドラマでは悪役だったり、わりと「いい人」とはかけ離れたキャラで見かけることが多い気が。

ワンスのコンベンションでこの俳優さん(ラファエル・スパージ)に「悪役とどちらが好きですか」と聞いたこともあり(詳細は別ブログに書いてます→ 2017年『ワンス・アポン・ア・タイム』コンベンション第1日)興味深かったです。(ワンスのコンベンションについても第1日めについて書いただけですでに2ヶ月以上経ってしまった…)


シーズン5・第6話に続く。

●関連記事もくじを作りました:
Bates Motel(ベイツ・モーテル)関連記事もくじ


Posted on Tue. June 13, 2017

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。