2017年6月19日月曜日

Bates Motel シーズン5第7話あらすじと感想

『ベイツ・モーテル』最終シーズンの10話までのあらすじ&感想、5話以降は観ながら走り書きしたメモをもとに、薄れゆく記憶を掘り起こしつつ書いてます。

シーズン5・第6話からの続き。

画像はFacebookより


以下、ネタバレ。



シーズン5第7話 "Inseparable" aired on Apr. 3, 2017


まとめビデオ↓5分以下でベイツ・モーテル


これで7話の出来事すべて語られちゃってますが…


感想入りのざっくりあらすじ


ノーマン(とノーマ)はサムの死体を片付けようとして森の中へ行くが、警察が湖で死体を発見したような様子を目撃。湖は使えないということで森の中の古井戸にサムの死体を落とす。

その後グリーン保安官が「ジムの死体を含む複数の死体が見つかった」と伝えにモーテルまで来たため、「死体は全てぼくらにつながっている。捜索されるかもしれない」とノーマンはノーマの剥製を森に運んで隠す。

一方、ディランはノーマンに与えるための薬を入手しようと薬局に行き、そこで恐ろしい事実を聞かされる。期限の切れた処方箋を更新してもいいか、Dr.エドワーズに連絡しようとした薬剤師は、1年ほど前から医師が行方不明で、死亡したと見られている、と言うのだ。

つい先日そのドクターに久しぶりに会った話を聞かされていたディランは驚愕。

あんな街角でいきなりばったり会うのってなんだか都合のいい話だなあと思ってたら(第5話参照)…あれもノーマンの幻影だったわけだ、納得&ディラン同様ぎょっとしました。






なんとか薬を手に入れたディランはノーマンにのませようとするが、追いつめられたノーマンは(おそらく)ブラックアウトし、ノーマに取って代わる。

「ノーマ」がディランを殺そうとするのを必死で止めるノーマン。

ディランから見るとノーマンがひとりでのたうち回っているようにしか見えないんだけど…というか、こんなふうにノーマンがノーマになる瞬間に立ち会ったのが初めてのディラン、あっけに取られているようにも見える。

ようやくノーマを押しのけることに成功したノーマンが、そのままの勢いで電話に飛びつき「サム・ルーミスを殺しました」と991通報するところで終わり。


この最後のシーンはなんかウルウルしちゃった(;_;)

さすがのノーマンもディランは殺せなかったんだなあ…ああよかった殺さなくて。


シーズン5・第8話に続く。


●関連記事もくじを作りました:
Bates Motel(ベイツ・モーテル)関連記事もくじ


(予約投稿)

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。