2014年1月15日水曜日

Sherlock - S3E3 "His Last Vow"


1月12日放送の『シャーロック』シリーズ3・エピソード3、今日観ました。
まだゴールデン・グローブの続きを書いてないけど、忘れる前にこちらを書きます。


一言で言うと、ちょっとがっかりなエピソードでした(´▽`;)

なんというか、、、そもそも全体的に、なんかいつものシャーロックとは違い、キレがないというか、ちょっとお間抜けというか・・。また、がんばってスタイリッシュに仕上げようとしてるのはわかるけど、無理やり感があるような。とくに前半モタついた感じで眠くなりそうでした

※以下、ネタバレ炸裂しますのでご注意を。






シャーロックがジョンの新妻(かつ妊婦)メアリーに撃たれた後の一連の流れが長すぎ。
かつ意味不明で混乱

えっ?えっ?全部シャーロックの夢だったの?
今撃たれたのも夢?ドラッグが見せた幻影???

と一瞬思っちゃったし(´▽`;)

やっぱり撃たれたことは事実起こったことらしい、とわかった後も、えんえんと続く夢の中のようなシーン・・・モリアッティまで出て来ちゃうし(´▽`;)

しかも、Magnussen との対決が、よりによって、シャーロックがあっさり射殺することであっけなく幕切れ。あれはどうなの?!シャーロックが人殺しって、アリなの?!?! しかも刑務所行きにもならないし(´▽`;)

そうそう、エピソード1のラストで隠し撮りビデオを観てた人物は、この憎たらしい Magnussen だということも明かされました。この謎が次のシーズンまで持ち越されることがなくてよかった(笑)。



全部が全部、つまらなかったわけではなく、おおいにおもしろい部分もあるんだけど、『シャーロック』にかける期待が大きすぎるから失望しちゃうんでしょうね。


おもしろかったのは、やはり意表を突いて悪役に変身したかのように見えたメアリーに関する部分。

シャーロックが Lady Smallwood だと思った相手が実はメアリーだとわかった瞬間、「メアリーは実は悪いヤツで、今までのことは全部、シャーロックに近づくために仕組んだウソ。ジョンのことも愛してない」という設定なのかと思って愕然としました

しかし、死の淵をさまよって息を吹き返したシャーロックの、メアリーへのアプローチのしかたがおもしろい!廃墟に呼び出し、メアリーの顔を建物に映し出し、内部へ誘い込み、自分と見せかけて実はジョンを座らせていたりとか、メアリーのことを見抜いたり、ジョンに話すくだりはシャーロックらしいキレ者ぶりが見られてよかった

数ヶ月後のクリスマス、シャーロックの両親宅でメアリーとジョンが和解するシーンも感動的 

ラスト、シャーロックは外国へ飛ばされてしまうのね~、と、思った次の瞬間、飛行機が戻って来ちゃうのもなんかウケたし(笑)。


とりあえず、シリーズ2のラストほど続きが気になる終わり方ではなく、一応気になる謎はすべて明かされたのでよかったです。モリアッティはほんとに生きてるのか(そうだとしたらまるで死んだはずのキャラが何度も生き返るアメコミみたいですが)、そのへんの種明かしは少し気になりますけどね。まだ続くのかわからないので、どっちでもいい終わり方をしたのかなー?なんて思ったりして。(笑)


以上、思ったことを書き出しただけですが、取り急ぎアップしまーす。
後日、もうちょい書き足すかも???


(以上、アメブロ投稿時の日時で2017年1月5日転載)

© copyright 2014 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。