2014年1月6日月曜日

Sherlock - S3E2 "The Sign of Three"


1月5日放送の『シャーロック』シリーズ3・エピソード2、今晩見ました~。

てっきり、前話のラストの続きが見られるかと思ったら、全然関係ない、むしろスピンオフですか?というくらいに独立したお話でした。


以下、早速ネタバレしますのでご注意!




前回メアリーにジョンがプロポーズ(邪魔されてちゃんとしてないけど)したばかりで、今回もう結婚式。


この2人が結婚したわけではない(笑)

ジョンのベストマンとして式でスピーチするシャーロックが、式の準備と並行して謎解きに出かけたときのエピソードを織り交ぜ、しゃべるしゃべる・・・彼のセリフ、すっごいたくさんあって、よく覚えられるな~と感心してしまった(笑)。

最初は事件のにおいはほとんどナシで、心あったまるスピーチだったのに、途中から急に危機感あふれる展開に(´▽`;)

何気なく話していた、全く関係ないように見える未解決の事件ふたつとも、結婚式で行われようとしていた殺人事件の犯人のしわざでした。それに気付いたシャーロックのおかげで、殺されるところだった招待客(ジョンの軍隊時代の上官)の命は助かりました。この元軍人、見た目は傷跡だらけでいかついんですが、「軍服で死ねるなら本望だ」と、最初はそのまま死のうとします。シャーロックの説得で「ジョンの結婚式に死ぬなんてことはしない」ことに納得し、助かるわけですが、このあたりのくだりはなんか感動しちゃったな・・。

あと、やっぱりジョンの奥さんメアリーはすっごく頭がよくて気持ちいい!
男ふたり(ジョンはもちろん、シャーロックまで!)をきっちりコントロールしてる感じ(笑)。




さて、タイトル「The Sign of Three」って、いろんな意味に取れるフレーズですが、ラストで「ああ、そういうことだったのね」とわかります。

「Three」って、「3」という意味だったんですね。

メアリーが妊娠していて、すでに「2人」ではなく「3人」であることを見抜いたシャーロックが「もう3人であること(=メアリーの妊娠)のしるし」を話すんです。

それを聞いて「医者なのに、なんでぼくのほうが先に気付かなかったんだ!」と悔しがる(?)ジョン。たしかに、妊娠初期症状についてシャーロックがなんであんなに詳しいのか、ちょっぴり不思議(笑)。

というわけで、未解決事件も含めてめでたく解決し、ハッピーエンドな第2話でした☆

次は来週の日曜の放送でシリーズ3は終わり?!
その後は、また2年とか待たされるのかしら~

(以上、アメブロ投稿時の日時で2017年7月17日に転載)

次のエピソード:
Sherlock - S3E3 "His Last Vow"

© copyright 2014 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。