2015年10月17日土曜日

『殺人を無罪にする方法』シーズン2第4話ネタバレ感想メモ

シーズン2・第1話2話3話からの続き。

How to Get Away With Murder 

S2E4 "Shanks Get Shanked"

2015年10月15日放送(アメリカ)

Facebook cover photo

細かいあらすじは書きませんが、気になる部分の感想をメモ。


以下、ネタバレしまくってますのでご注意。




事件4週間前のアナリーズ


先週は「7週間前」だったから、ずいぶん進みました。今回はネイトの病気の奥さんニーア初登場。ネイトの携帯でアナリーズを病院に呼び出し、「もうネイトを楽にしてあげたい。私が死ねる薬を手配してほしい」と懇願します。

アナリーズが応じないのに失望した彼女は「サムを殺したのはアナリーズ」と信じている様子。だから協力してくれると期待してたんですね。

思いがけないニーアの言葉に、アナリーズは「私はあなたが思っているような人間ではないわ」と、かなり打撃を受けてるみたいでした。





ちょっとおもしろいというか理解できないのは、実際にわりと汚いことを平気でするくせ、汚いことをする人間だと思われるのはショックなんですね。そのくらいのことで泣くとは思わなかった。

というのも、今回引き受けた事件で、ひどいサイコパス的殺人者を弁護するんですが、彼女の有罪を決定的にするビデオを削除してくれと言われてその通りにしようとするんですよね。有罪だとわかっていて、あくまで無罪を主張しようとするアナリーズがわからない…。

結局コナーが良心の呵責に耐えられず、こっそりコピーして検察側に流すのですが、そのことでアナリーズは激怒。「サムの血がついたあなたの車を処分したというのはウソよ」と脅すんです(^-^;

コナーの車はホントにどこかに隠してあって、いつか浮上してくるのかどうかは謎。


Hapstall夫妻殺害事件


「Hapstallきょうだいの近親相姦」のウワサを打ち消そうと、キャスリンに処女であることを証明する検査を受けさせるアナリーズ。そんなことが証拠になるんだ〜、とビックリしたのでメモっときます(^-^;


ボニー、衝撃の告白


前回、シンクレアに脅されて父親に泣きついていたアッシャーは、今回、その父親の力で(?)シンクレアと司法取り引き?するんですが、アッシャーの行動を不審に思ったボニーが携帯を追跡していました。

取り引きがほぼ成立し、駐車場で「パパありがとう」とひしと抱き合うアッシャーでしたが、父が去ったあと、ボニー登場…。すべて見ていたんでしょうね。

アッシャーの間違いは、「アナリーズがネイトを使ってサムを殺させた」と思い込んでいる点。いったいどういう証拠があるんだか知らないけど、そう証言することを取り引きしたらしい。

あろうことか「わたしがサムを殺したのよ」と告白するボニーΣ(゚∇゚*)!!

そこまでしてアナリーズを守りたいんですね。そこで真実(アッシャーの仲間たちが真犯人)を話したらアナリーズに完全に切られると思ったのかな?

てか、正直、ボニーが駐車場で姿を現したとき、「アッシャー殺される」と思いました。レベッカを殺すことにも何のためらいもなかった人ですから(^-^;


ネイトとウェス+リーヴァイチーム


ミカエラが「彼氏ができた」という話をするので「ミカエラに近づいたら正体をバラすぞ」と脅していた取り引きしてたはずのリーヴァイがさっそく自分を裏切ったことを知るウェスは怒りまくり。

しかし、リーヴァイは「レベッカの件で進展がある」と、「レベッカが殺された(あれ、いつのまにレベッカが「殺された」ことが確定したの?)晩、フランクが電話した相手が墓地で働いている男だった」と話します。これでウェスを裏切った件はチャラ?

そこにレベッカが埋められていることを確信したウェスはすぐにネイトに知らせますが、リーヴァイの存在を初めて聞かされたネイトは「兄弟だと言われて信じたのか。その男がレベッカを殺したのかもしれないんだぞ」とウェスを叱り始め、口論に。

そのふたりを遠くからアナリーズが見ていました…。


ふたりの口論シーンから、下記、4週間後の例の事件のシーンにつながります。


アナリーズ&シンクレア殺害(未遂?)事件その後


前回、警官の制服姿のネイト(結局アナリーズのおかげで回ってきた復職の話を受けたのね)が学生たちを車に乗せたところで終わりましたが、今回は冒頭からその続きで始まりました。

アナリーズは救急車の到着でなんとか生きてる感じ。その様子の一部始終をネイトの無線でかたずをのんで聞き入る学生たち。そこに、いちばんパニックに陥りやすいミカエラの携帯が鳴ります。相手はおそらくHapstall家のイケメン息子ケイレブ。

「うまくやってみせるから大丈夫」と、心配そうな同級生をよそに、ミカエラひとりネイトの車を降りてアパートの一室(だれのだろう、自分の?ウェスの??)に入ると、そこで心配そうな顔をして待っていたのはケイレブだったのですから…。

てか、ネイトも一枚かんでいるらしく、いちばん落ち着いてるんだけど…「計画」って、まさかアナリーズ殺害計画とかじゃないだろうね?!(^-^;

シーズン2第5話に続く

※ブロガーだとコメントしにくいというご意見がありまして、アメブロにコメント用記事をアップしました。ここにコメントが残せない方は、よろしければそちらにどうぞ。
*コメント用アメブロ記事はこちら

Posted on Friday, October 16, 2015

<関連記事>
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第5話ネタバレ感想
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第3話ネタバレ感想
『殺人を無罪にする方法』シーズン2第2話・またまた衝撃のエンディング
『殺人を無罪にする方法』シーズン2プレミア・2人めの殺人犯と衝撃のエンディング
『殺人を無罪にする方法』シーズン1最終回ネタバレ・ライラ殺しの真犯人
アルフレッド・イーノック

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。